慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26286017seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26286017seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.6 MB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 155

Total downloads since Sep 21, 2017 : 155
 
タイトル
タイトル 特異な光触媒能を有する超分子型ナノ細孔体の創製  
カナ トクイナ ヒカリ ショクバイノウ オ ユウスル チョウブンシガタ ナノサイコウタイ ノ ソウセイ  
ローマ字 Tokuina hikari shokubaino o yusuru chobunshigata nanosaikotai no sosei  
別タイトル
名前 Construction of novel supramolecular nanoarrays for photocatalytic applications  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 羽會部, 卓  
カナ ハソベ, タク  
ローマ字 Hasobe, Taku  
所属 慶應義塾大学・理工学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70418698

名前 酒井, 隼人  
カナ サカイ, ハヤト  
ローマ字 Sakai, Hayato  
所属 慶應義塾大学・理工学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60708486
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では, これら平面性色素を用いたナノ細孔体や異方性分子集合体を多数構築してきたが, 代表的な成果として以下に述べるベンゾペリレンイミドーポルフィリン分子集合体の系についてその詳細を報告する。コロネンからベンゼン環が一つ欠損したベンゾペリレンに着目し, イミド基の配置部位と数を考慮して, 一連の誘導体合成を行い, 分光学および酸化還元特性について評価した。そして, 得られた知見をもとに, ベンゾペリレンに3つのイミド基を有するトリイミド体と亜鉛ポルフィリンの間に三重水素結合を介して集積化させ, 電子ドナー(D)とアクセプター(A)ユニットがそれぞれ層分離・共役させた複合分子集合体を作製した。
One-dimensional supramolecular columnar phases composed of porphyrins (electron donor : D) and benzo[ghi]perylenetriimides (electron acceptor : A) through triple hydrogen bonds have been successfully constructed to perform sequential light-harvesting and electron-transfer processes. A series of benzo[ghi]peryleneimide derivatives have been synthesized to examine the substituent effects such as imide and nitrile groups on the spectroscopic and electrochemical properties. The introduction of substituents onto the benzo[ghi]perylene (Bp) ring successfully enabled control of spectroscopic and electrochemical properties as compared to the non-substituted reference Bp. Then, formation of the 1 : 1 supramolecular complex between zinc porphyrin and benzo[ghi]perylenetriimide derivatives through triple hydrogen bonds was confirmed by Job's plot of 1H NMR titration. Then, the one-dimensional supramolecular nanoarrays were successfully prepared in a mixed solvent.
 
目次

 
キーワード
分子集合体  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)(一般)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26286017
研究分野 : 光エネルギー変換
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:40:59  
作成日
Sep 21, 2017 15:40:59  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 人びとはどのよう... (888) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (356)
3位 記憶の社会学・序... (332)
4位 越境するファシズ... (331)
5位 伊藤隆太君学位請... (323)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Design and evalu... (3138) 1st
2位 The impact of se... (2247)
3位 Implementation a... (2236)
4位 Prevalence of TE... (2226)
5位 The development ... (2217)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース