慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26249022seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26249022seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :447.7 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 131

Total downloads since Oct 31, 2019 : 131
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ナノ・レーザ計測と粗視化モデルの相互補完解析法による界面フルイディクスの深化  
カナ ナノ・レーザ ケイソク ト ソシカ モデル ノ ソウゴ ホカン カイセキホウ ニ ヨル カイメン フルイディクス ノ シンカ  
ローマ字 Nano rēza keisoku to soshika moderu no sōgo hokan kaisekihō ni yoru kaimen furuidikusu no shinka  
別タイトル
名前 Deepening of interfacial fluidics by mutually complemental analysis of nano-laser measurement and coarse-grained model  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 菱田, 公一  
カナ ヒシダ, コウイチ  
ローマ字 Hishida, Kōichi  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上)・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40156592

名前 佐藤, 洋平  
カナ サトウ, ヨウヘイ  
ローマ字 Satō, Yōhei  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00344127

名前 泰岡, 顕治  
カナ ヤスオカ, ケンジ  
ローマ字 Yasuoka, Kenji  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40306874

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
固体・液体から成る界面極近傍に存在する水分子およびイオン群の挙動を明らかにするため,エバネッセント波照射による非侵襲計測技術,ならびに粗視化モデルに基づく分子動力学シミュレーションの開発を行った.固体表面性状やイオン混入によって,界面極近傍の水分子の振動モードおよび水素・非水素結合状態を実験的に明らかにし,水分子動態によって界面熱流動現象 (イオン濃度や固体壁面ゼータ電位) を把握することが可能となった.
Non-intrusive measurement technique using evanescent wave illumination and numerical simulation using coarse-grained model were developed in order to investigate dynamics of water molecules and ions in the vicinity of interface between liquid and solid. Experimental efforts revealed that the vibration modes and hydrogen/non-hydrogen bonding of water molecules in the vicinity of interface were significantly affected by hydrophilic/hydrophobic surface and ions. It can be concluded that it may be easy to understand the thermo-fluid dynamics in the vicinity of the interface using the water molecule dynamics.
 
目次

 
キーワード
熱流動相互補完解析法  

自発ラマン散乱  

エバネッセント波自発ラマンイメージング  

分子動力学シミュレーション  

粗視化モデル  

振動スペクトル  

界面熱流動ダイナミクス  

界面フルイディクス  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(A)(一般)
研究期間 : 2014~2017
課題番号 : 26249022
研究分野 : 熱工学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:11:02  
作成日
Oct 31, 2019 11:11:02  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (468) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (393)
3位 新自由主義に抗す... (379)
4位 ドイツのSNS対策... (376)
5位 攻撃衝動の体系的... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (805) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (632)
3位 ドイツのSNS対策... (595)
4位 なぜ日本ユニテリ... (594)
5位 アセトアニリドの... (448)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース