慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25870715seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25870715seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :316.1 KB
Last updated :Jul 26, 2019
Downloads : 217

Total downloads since Jul 26, 2019 : 217
 
タイトル
タイトル 新規アンジオテンシン受容体ワクチンの開発とその応用性の検討  
カナ シンキ アンジオテンシン ジュヨウタイ ワクチン ノ カイハツ ト ソノ オウヨウセイ ノ ケントウ  
ローマ字 Shinki anjiotenshin juyotai wakuchin no kaihatsu to sono oyosei no kento  
別タイトル
名前 The development of new angiotensin II receptor vaccine  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 畔上, 達彦  
カナ アゼガミ, タツヒコ  
ローマ字 Azegami, Tatsuhiko  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60573376
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
高血圧に対して少ない服薬回数で長期の降圧効果が得られる治療法の開発を目的とし, ワクチンに着目した。従来の皮下注射型ワクチンでは注射部位での疼痛や皮膚副作用が懸念されるため, 粘膜を介した非注射型高血圧ワクチンの開発を試みた。経口ワクチン開発では, ワクチン抗原としてアンジオテンシンII受容体(AT1)-コレラ毒素Bサブユニットのキメラ蛋白を発現するような遺伝子組み換えイネを作成したが, AT1に対する免疫原性は得られなかった。経鼻ワクチン開発では, AT1-肺炎球菌表面抗原を抗原蛋白として作成し, アジュバント, ナノゲル技術を利用して, ラットに経鼻免疫したところ, 降圧効果が認められた。
To develop the new treatment for hypertension, that improves medical adherence, I focused on the vaccine strategy. To avoid the injection-related pain and skin adverse events, I aimed to create a new non-injectable anti-hypertensive vaccine. For the development of oral anti-hypertensive vaccine, the expression vector which angiotensin II type 1 receptor (AT1) - Cholera toxin B subunit (CTB) chimeric sequence was inserted into was used to transformed the rice. Although resultant transgenic rice seeds expressed AT1-CTB protein, its immunogenicity to AT1 was poor. For the development of nasal vaccine, AT1 partial peptide was synthesized and conjugated with pneumococcal surface protein A (PspA). AT1-PspA antigen was mixed with adjuvant and incorprated into nanogels. Intranasal immunization with AT1-PspA vaccine induced AT1-specific serum IgG antibody and also lower blood pressure in the spountaneously hypertensive rats.
 
目次

 
キーワード
高血圧  

アンジオテンシン  

ワクチン  

粘膜免疫  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25870715
研究分野 : 高血圧
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 26, 2019 14:00:15  
作成日
Dec 27, 2016 11:19:05  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 26, 2019    著者,抄録 内容,ジャンル を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 人びとはどのよう... (888) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (356)
3位 記憶の社会学・序... (332)
4位 越境するファシズ... (331)
5位 伊藤隆太君学位請... (323)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Design and evalu... (3138) 1st
2位 The impact of se... (2247)
3位 Implementation a... (2236)
4位 Prevalence of TE... (2226)
5位 The development ... (2217)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース