慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25350822seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25350822seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :359.8 KB
Last updated :Aug 2, 2019
Downloads : 386

Total downloads since Aug 2, 2019 : 386
 
タイトル
タイトル 筋損傷後の筋硬度とelastography法による筋弾性特性の関係  
カナ キン ソンショウゴ ノ キン コウド ト elastographyホウ ニ ヨル キン ダンセイ トクセイ ノ カンケイ  
ローマ字 Kin sonshogo no kin kodo to elastographyho ni yoru kin dansei tokusei no kankei  
別タイトル
名前 The relationship between muscle hardness and muscle elastic property by elastography after muscle damage  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 村山, 光義  
カナ ムラヤマ, ミツヨシ  
ローマ字 Murayama, Mitsuyoshi  
所属 慶應義塾大学・体育研究所・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20245632

名前 野坂, 和則  
カナ ノサカ, カズノリ  
ローマ字 Nosaka, Kazunori  
所属 Edith Cowan University・School of exercise and health sciences・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  

名前 稲見, 崇孝  
カナ イナミ, タカユキ  
ローマ字 Inami, Takayuki  
所属 早稲田大学・スポーツ科学学術院スポーツ科学研究センター・次席研究員(研究院助教)  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は押圧式筋硬度計(Push-in Meter : PM)とReal-time Tissue Elastography(RTE)の筋硬度評価の関係性について, 安静時, 筋収縮時, eccentric運動による筋損傷誘発前後について検討した。PMとRTEの相関関係は安静時でR2=0.47, 筋収縮時でR2=0.83であった。eccentric運動後はPMとRTEともに肘関節強制伸展位で筋硬度増加を観察したが, RTEは非伸展位とconcentric運動側でも筋硬度の増加を示した。PMとRTEは筋収縮・伸展時のようにstiffnessが高まる条件では対応するものの, 同一ではないことが明らかとなった。
The aim of this study is to examine the relationships between real-time tissue elastography (RTE) and push-in meter (PM) for assessment of muscle hardness (MH) of resting, contracting and damaging muscle of the upper arm. The relationship between pressure force and the displacement of a muscle was recorded by PM and MH value "E" was calculated using the slope of the force-displacement relationship. The elastograph image was recorded by RTE and strain ratio (SR) in region of interest was calculated for each image. The correlation coefficients between SR and E in resting and contracting were significant (resting : R2=0.47 ; contracting : R2=0.83), but the correlation in resting was not strong. After inducing muscle damage, E measured at forcibly extended elbow position increased, although no significant changes at relaxed elbow position were evident. However, RTE showed an increase in MH both elbow positions. It is concluded that MH assessed by RTE is different from that by PM.
 
目次

 
キーワード
押圧式筋硬度評価  

超音波elastography  

ひずみ率  

eccentric運動  

筋損傷  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25350822
研究分野 : 運動生理学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 02, 2019 15:30:20  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:36  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Aug 2, 2019    著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 人びとはどのよう... (888) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (356)
3位 記憶の社会学・序... (332)
4位 越境するファシズ... (331)
5位 伊藤隆太君学位請... (323)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Design and evalu... (3138) 1st
2位 The impact of se... (2247)
3位 Implementation a... (2236)
4位 Prevalence of TE... (2226)
5位 The development ... (2217)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース