慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25280065seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25280065seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :294.3 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 274

Total downloads since Jan 6, 2017 : 274
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル マイクロ波を用いた新しい動作計測システムの提案と能楽を対象とした検証  
カナ マイクロハ オ モチイタ アタラシイ ドウサ ケイソク システム ノ テイアン ト ノウガク オ タイショウ ト シタ ケンショウ  
ローマ字 Maikuroha o mochiita atarashii dosa keisoku shisutemu no teian to nogaku o taisho to shita kensho  
別タイトル
名前 Proposition of motion measurement system using microwave and evaluation of its performance by Nohgaku  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 森田, 寿郎  
カナ モリタ, トシオ  
ローマ字 Morita, Toshio  
所属 慶應義塾大学・理工学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30329081

名前 植田, 一博  
カナ ウエダ, カズヒロ  
ローマ字 Ueda, Kazuhiro  
所属 東京大学・総合文化研究科・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60262101

名前 土井, 靖生  
カナ ドイ, ヤスオ  
ローマ字 Doi, Yasuo  
所属 東京大学・総合文化研究科・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70292844
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
実時間で3次元測位を行えるマイクロ波を用いた動作計測システムを開発し, 最大距離100m程度, 測位精度1mmの計測が可能であることを明らかにした。また, 能楽のハコビのスキル分析を行い, 歩数と歩幅による調整およびタメの技があることを見出した。これらの技をリズムとテンポの生成に用いて, 序破急のハコビが生み出されている可能性を発見した。さらに伝統芸能の第一線の実演家を対象にして, 基本的な技法と達人の技法について言語化を試みた結果, 3つの特徴を発見できた。以上から能楽における身体技法の可視化・言語化に関わる基盤技術と技の伝授の難しさの解消に貢献する知見を得ることに成功した。
A real-time three-dimensional motion measurement system using microwave has been developed. Its performances were maximum distance 100m and measured position accuracy 1mm approximately. A skill analysis of HAKOBI of Nohgaku was conducted, and we found adjustment skill by the steps, the stride and TAME. Then, it was clarified that these skills were utilized for generation of rhythm and tempo in JOHAKYU. Verbalizing was tried about basic technique and master's technique of traditional performance performers, and three features could be found. From above, this study succeeded to get the knowledge which contributes to cancellation of difficulty of the visualization of a body technique and the initiation in Nohgaku.
 
目次

 
キーワード
情報システム  

人間情報学  

人間計測  

動作計測  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)(一般)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25280065
研究分野 : ロボット工学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:25  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:25  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 出生率及び教育投... (775) 1st
2位 『うつほ物語』俊... (474)
3位 新自由主義に抗す... (384)
4位 731部隊と細菌戦 ... (356)
5位 二〇二三年度三田... (269)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2455) 1st
2位 家族主義と個人主... (1905)
3位 731部隊と細菌戦 ... (574)
4位 猫オルガンとはな... (510)
5位 新参ファンと古参... (438)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース