慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24790953seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24790953seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :88.9 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 1441

Total downloads since Dec 11, 2014 : 1441
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 原発性アルドステロン症患者における血中アルドステロン分泌促進因子の検討  
カナ ゲンパツセイ アルドステロンショウ カンジャ ニ オケル ケッチュウ アルドステロン ブンピ ソクシン インシ ノ ケントウ  
ローマ字 Genpatsusei arudosuteronsho kanja ni okeru ketchu arudosuteron bunpi sokushin inshi no kento  
別タイトル
名前 Investigation of serum aldosterone inducing factors in patients with idiopathic hyperaldosteronism  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小林, 佐紀子  
カナ コバヤシ, サキコ  
ローマ字 Kobayashi, Sakiko  
所属 慶應義塾大学・医学部・共同研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80383727
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
原発性アルドステロン症(PA)はアルドステロン産生腺腫(APA)と特発性アルドステロン症(IHA)の2つの病型に大別される。IHAの病因は不明である。我々は①尿中アルドステロン排泄量はIHA患者でBMI、腹囲、空腹時血糖、HOMA-Rと有意な正の相関を認めるがAPA, nonPA患者では相関を認めないこと、②IHA患者血清のアルドステロン分泌促進能(CYP11B2遺伝子転写活性)は患者の尿中アルドステロンおよび内臓脂肪面積と有意な正の相関があることを示した。このことからIHA患者の血清中の内臓脂肪由来CYP11B2活性化因子の存在および肥満改善によりIHAの病態が改善される可能性が示された。
Aldosterone-producing adenoma (APA) and bilateral idiopathic hyperaldosteronism (IHA) are the most common subtypes of primary aldosteronism. The etiology of IHA is still unknown and the radical treatment for IHA is not established.In our study, we have shown that 1) urinary aldosterone secretion positively correlated with body mass index, abdominal circumference, fasting blood glucose and HOMA-R only in patients with IHA, not in APA and non-PA patients and 2)the ability to promote aldosterone secretion by serum of IHA patients positively correlated with patients' aldosterone and visceral fat area. These results suggest that there are CYP11B2 activating factors derived from visceral fat in serum of IHA patients and there is a possibility that IHA is improved by amelioration of obesity.
 
目次

 
キーワード
原発性アルドステロン症  

特発性アルドステロン症  

高血圧症  

肥満症  

内臓脂肪  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2012~2013
課題番号 : 24790953
研究分野 : 医歯薬学
科研費の分科・細目 : 内科系臨床医学・内分泌学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:40:20  
作成日
Dec 11, 2014 11:40:20  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日豪「ミドルパワ... (854) 1st
2位 新自由主義に抗す... (708)
3位 グラウンデッド・... (507)
4位 ドイツのSNS対策... (501)
5位 なぜ日本ユニテリ... (480)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Research on elec... (2162) 1st
2位 新たなかたちのひ... (2013)
3位 Linguistic encod... (1971)
4位 経営者が語るアン... (1768)
5位 ソレルスの中国 (... (1572)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース