慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24592279seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24592279seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :243.4 KB
Last updated :Apr 11, 2016
Downloads : 800

Total downloads since Apr 11, 2016 : 800
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 喫煙(ニコチン)が骨代謝に及ぼす影響に関する実験的研究  
カナ キツエン (ニコチン) ガ コツタイシャ ニ オヨボス エイキョウ ニ カンスル ジッケンテキ ケンキュウ  
ローマ字 Kitsuen (nikochin) ga kotsutaisha ni oyobosu eikyo ni kansuru jikkenteki kenkyu  
別タイトル
名前 Experimental study on the influence of nicotine to bone metabolism  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 佐藤, 和毅  
カナ サトウ, カズキ  
ローマ字 Sato, Kazuki  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60235322

名前 宮本, 健史  
カナ ミヤモト, タケシ  
ローマ字 Miyamoto, Takeshi  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70383768
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
(1) マウス骨修復モデルで, ニコチン群は仮骨架橋形成が有意に不良だった。骨折部の仮骨量は少なく, 内軟骨性骨化が障害されていると考えられた。(2) マウス大腿骨の培養におけるpentosidineの測定でニコチン群で有意に高くニコチン添加で骨質が低下した。α7 nAchR KOでは, いずれも有意な上昇はみられなかった。(3) 骨形態計測では, α7 nAchR KOで骨密度は有意に高値を示した。破骨細胞数はKOで少なく, 骨形成や軟骨形成の検討では両者に差がなかったことからα7nAchRは生理的骨代謝において, 破骨細胞を活性化させる代謝経路に関与することが推測された。
(1) To examine the influence of nicotine on ossification, a mouse bone restoration model was adopted. As the result performed after having maintained high density of internal nicotine for a long duration, the callus bridging formation was significantly worse than control group in two weeks. Additionally, few callus formation implied that the enchondral ossification was impaired. (2) We cultured the mouse thighbone and measured intraosseous pentosidine, one of AGEs. The result was that, not in α7nAchR knockout mouse (KO), but in wild type mouse (WT), pentosidine level was significantly higher in nicotine group, which indicated nicotine affects bone quality. (3) As a result of bone morphometry for WT and KO, in KO the bone density was significantly higher and osteoclasts were fewer. There was no difference in the histological examination of osteogenesis and chondrogenesis between them, by which it was supposed that α7nAchR activated osteoclasts in physiological bone metabolism.
 
目次

 
キーワード
骨代謝  

ニコチン  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2012~2014
課題番号 : 24592279
研究分野 : 整形外科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 11, 2016 09:39:55  
作成日
Apr 11, 2016 09:39:55  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 なぜ日本ユニテリ... (492) 1st
2位 ネットワークにつ... (476)
3位 ドイツのSNS対策... (452)
4位 慶應義塾大学薬学... (426)
5位 新自由主義に抗す... (402)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (783) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (546)
3位 楽天とアマゾンの... (496)
4位 インフルエンサー... (482)
5位 独ソ不可侵条約と... (444)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース