慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23792059seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23792059seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :330.8 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 440

Total downloads since Dec 11, 2014 : 440
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 脂肪誘導機能付加生体材料による組織欠損補填療法の開発  
カナ シボウ ユウドウ キノウ フカ セイタイ ザイリョウ ニ ヨル ソシキ ケッソン ホテン リョウホウ ノ カイハツ  
ローマ字 Shibo yudo kino fuka seitai zairyo ni yoru soshiki kesson hoten ryoho no kaihatsu  
別タイトル
名前 Basic study of soft tissue augmentation by adipose-inductive biomaterial  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 矢澤, 真樹  
カナ ヤザワ, マサキ  
ローマ字 Yazawa, Masaki  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60327567
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
再建手術は自家組織移植を中心としたボリューム付加手術が行われている。健常部がドナーとして傷つけられ、パッチワークとして移植されている。そこで、注射針で注入できる人工生体材料に、脂肪の誘導・生着促進を目的とした物質を付加して移植することで、移植部に脂肪組織を誘導・生着維持する、新しい組織移植について基礎検討を行った。
効率的に脂肪誘導・生着促進を生じるためのPioglitazoneの至適濃度を脂肪前駆細胞を用いてPPAR-γ mRNA発現により検討した。さらに鮭コラーゲンにPioglitazoneを同濃度で付加し、マウス背部皮下に注入したところ、4週間で成熟脂肪細胞が確認できた。
Reconstructive surgery involves volume augmentation with autologous tissue transfer. However, a healthy region is damaged as a donor site, and the autologous tissue is transferred like a patchwork. We have attempted to induce adipogenesis activity in artificial biomaterial that is injectable with an injection needle for tissue augmentation. First of all, the optimal dose of pioglitazone hydrochloride was examined with adipo-precursor cells in terms of the PPAR-g mRNA expression levels affected by reagent in vitro. Then, salmon collagen with pioglitazone was adjusted in terms of the dose and the salmon collagen was injected into mouse back using an injection needle in vivo. At 4 weeks after implantation, the pioglitazone collagen gel was substituted by mature adipocytes in comparison with the case for control collagen gel without pioglitazone. These results are indicative of the possibility of promoting adipogenesis using collagen with pioglitazone as an adipose-inductive substance.
 
目次

 
キーワード
再建外科学  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2011~2013
課題番号 : 23792059
研究分野 : 医歯薬学
科研費の分科・細目 : 外科系臨床医学・形成外科学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:40:05  
作成日
Dec 11, 2014 11:40:05  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (311) 1st
2位 新自由主義に抗す... (289)
3位 DAOの法的地位と... (271)
4位 「余白的コミュニ... (266)
5位 個人・組織両面で... (258)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3141) 1st
2位 気象変化による片... (588)
3位 なぜ神が存在する... (578)
4位 サイバーセキュリ... (496)
5位 インフルエンサー... (313)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース