慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23500154seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23500154seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :2.6 MB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 449

Total downloads since Dec 11, 2014 : 449
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 没入ドライビングシミュレータによる高齢ドライバ向け運転行動観察システムの研究  
カナ ボツニュウ ドライビング シミュレータ ニ ヨル コウレイ ドライバムケ ウンテン コウドウ カンサツ システム ノ ケンキュウ  
ローマ字 Botsunyu doraibingu shimyureta ni yoru korei doraibamuke unten kodo kansatsu shisutemu no kenkyu  
別タイトル
名前 Senior car driver's behavior observation system using immersive display  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 立山, 義祐  
カナ タテヤマ, ヨシスケ  
ローマ字 Tateyama, Yoshisuke  
所属 慶應義塾大学・大学院システムデザイン・マネジメント研究科・助教(研究奨励)(非常勤)  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30543558

名前 小木, 哲朗  
カナ オギ, テツロウ  
ローマ字 Ogi, Tetsuro  
所属 慶應義塾大学・大学院システムデザイン・マネジメント研究科・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00282583

名前 西村, 秀和  
カナ ニシムラ, ヒデカズ  
ローマ字 Nishimura, Hidekazu  
所属 慶應義塾大学・大学院システムデザイン・マネジメント研究科・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70228229
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
没入ディスプレイの没入世界提示性能について、スクリーン間の画面更新同期が与える影響について調べた。更新速度が遅くなったとしても全スクリーンで同期をとる方法が比較的有利ではあるものの、必ずしも非同期の方法を否定するものではないことがわかった。VR酔い対策に関して、本課題においてはコントラスト比を抑える事や、速度リミッタの調整、ブレーキ力の調整等で対処した。没入ドライビングシミュレータによる運転行動観察の結果、一般ドライバに比べて高齢ドライバは、必要な安全確認行動を行わない傾向にあることがわかった。実車実験と比較して、安全かつ簡便にテストできる没入ドライビングシミュレータの有用性が確認できた。
We evaluated an immersive display system according to synchronization between multiple screens.  We found that even if screen refresh speed became slow, synchronization of refreshing screens might be a good strategy for providing correct immersive world.  But in some cases, asynchronization strategies might not be ineffective. We tried to develop some visual systems to minimize VR sickness.  In this project, we lowered contrast-ratio of images and limited virtual car speed and brake force of it. We also conducted an experiment of  car driver's behaviour observation using an immersive display system. Elder drivers had a tendency to eliminate safety checks in comparison to young drivers.  We confirmed the effectiveness of an immersive car driving simulator.
 
目次

 
キーワード
バーチャルリアリティ  

ドライビングシミュレータ  

没入ディスプレイ  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2011~2013
課題番号 : 23500154
研究分野 : 総合領域
科研費の分科・細目 : 情報学・メディア情報学・データベース
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:29:50  
作成日
Dec 11, 2014 11:29:50  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (808) 1st
2位 新自由主義に抗す... (394)
3位 アイドル文化にお... (391)
4位 組織市民行動が成... (316)
5位 もしも世界がみん... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (730) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (636)
3位 解説 : 体液の物... (634)
4位 適応的選好形成と... (567)
5位 姿勢維持における... (551)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース