慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23246037seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23246037seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :631.2 KB
Last updated :Apr 8, 2016
Downloads : 461

Total downloads since Apr 8, 2016 : 461
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 熱流動非線形ラマン散乱イメージング法構築による異相界面分子吸着現象の非侵襲解明  
カナ ネツ リュウドウ ヒセンケイ ラマン サンラン イメージングホウ コウチク ニ ヨル イソウ カイメン ブンシ キュウチャク ゲンショウ ノ ヒシンシュウ カイメイ  
ローマ字 Netsu ryudo hisenkei raman sanran imejinguho kochiku ni yoru iso kaimen bunshi kyuchaku gensho no hishinshu kaimei  
別タイトル
名前 Non-intrusive elucidation of molecular adsorption phenomena at interface between different phases by development of nonlinear Raman scattering imaging for thermofluid dynamics  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 佐藤, 洋平  
カナ サトウ, ヨウヘイ  
ローマ字 Sato, Yohei  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00344127
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
熱流動異相界面における分子吸着や反応・分離を支配するイオン層電位形成メカニズムの解明に向けて, 二波長自発ラマンイメージングによる熱流動界面の温度時空間分布および速度・温度時空間分布の非侵襲同時センシング法, エバネッセント波照射自発ラマンイメージング法による固液界面極近傍の濃度分布非侵襲センシング法, そして非線形ラマン散乱光を用いた電解質溶液中多種イオン群濃度分布非侵襲センシング法の開発を行った。マイクロデバイス内に蛍光プローブを混入することなく, 非侵襲にて異相界面における熱流動の速度, 温度や濃度分布を計測することが可能となった。
This research work focused on the development of non-intrusive sensing technique of thermofluid dynamics in order to investigate molecular absorption and formation mechanism of ion layer in the vicinity of interface between different phases. The following techniques were proposed in this work: (i) spatiotemporal distribution of temperature in microchannel by two-wavelength spontaneous Raman imaging, (ii) spatiotemporal distribution of velocity and temperature in microchannel by two-wavelength spontaneous Raman imaging, (iii) molecule concentration distribution in the vicinity of liquid-solid interface by total internal reflection spontaneous Raman imaging and (iv) ion concentration distribution in microchannel by coherent anti-Stokes Raman scattering. It can be concluded that non-intrusive measurements of velocity, temperature and concentration were achieved by Raman scattering, which means that fluorescent particles and dye are no longer required.
 
目次

 
キーワード
熱流動非侵襲センシング  

非線形ラマン散乱  

CARS  

自発ラマン散乱  

ラマンイメージング  

エバネッセント波  

熱流動多変量分布  

校正曲線  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(A)
研究期間 : 2011~2014
課題番号 : 23246037
研究分野 : ナノ・マイクロ熱流体工学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 08, 2016 16:56:01  
作成日
Apr 08, 2016 16:56:01  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (488) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (419)
3位 慶應義塾図書館史... (414)
4位 認知文法から考え... (395)
5位 M&Aにおける... (383)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (393) 1st
2位 新参ファンと古参... (321)
3位 日本における美容... (303)
4位 興味が引き起こさ... (252)
5位 新自由主義に抗す... (250)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース