慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_22770058seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_22770058seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :180.1 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 1578

Total downloads since Dec 11, 2014 : 1578
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 昆虫類のメス交尾器に"隠された"多様性 : 観察技術の確立と応用  
カナ コンチュウルイ ノ メス コウビキ ニ "カクサレタ " タヨウセイ : カンサツ ギジュツ ノ カクリツ ト オウヨウ  
ローマ字 Konchurui no mesu kobiki ni "kakusareta" tayosei : kansatsu gijutsu no kakuritsu to oyo  
別タイトル
名前 Cryptic variation in insect female genitalia: establishment and applications of their observational techniques  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 上村, 佳孝  
カナ カミムラ, ヨシタカ  
ローマ字 Kamimura, Yoshitaka  
所属 慶應義塾大学・商学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50366952
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
昆虫類などの体内受精をおこなう動物では、雄交尾器は一般に高い種間多様性を示す。しかし、より柔軟な構造であることが多い雌交尾器の多様性は過小評価されてきた。本研究では、雌交尾器形態の多様性を効率よく検出する手法を確立し、交尾器進化に果たす雌の役割を検討した。交尾中に瞬間固定された各種昆虫サンプルに対し、様々な手法を試みた結果、ベンジルアルコール・安息香酸ベンジル混合液により外骨格を透明化する手法が優れていた。この手法により、①雌交尾器の膜質部は雄交尾器形態に対応した形態を示すことが多く、②その「噛み合わせ」が、交尾時の創傷などのコストを軽減するのに重要な役割を果たしていることが明らかとなった。
Animal genitalia of internal fertilizers generally show a rapid evolutionary rate compared with other morphological characters. However, compared to interspecific diversities in male genitalia, female genitalia, which usually consist of soft structures without conspicuous landmarks, received less attention because of the difficulty of observation. In this study, efficient methods to detect and describe diversities in female genital traits were explored using in-copula samples of various insect taxa. As the result, a mixture of benzyl alcohol and benzyl benzoate (BABB) has been proven to be highly effective to make insect exoskeleton transparent. The method revealed that female genitalia generally show a sizable structural diversity in their soft parts corresponding to the species-specific male genitalia. Experiments showed that the structural fitting between male and female genitalia reduces mating costs for females such caused by copulatory wounding and other mechanisms.
 
目次

 
キーワード
交尾器  

顕微鏡観察技術  

性選択  

性的対立  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2010~2013
課題番号 : 22770058
研究分野 : 生物学
科研費の分科・細目 : 基礎生物学・形態・構造
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:29:39  
作成日
Dec 11, 2014 11:29:39  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (598) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (466)
3位 新自由主義に抗す... (366)
4位 石垣島の「エコツ... (270)
5位 ガールクラッシュ... (254)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (775) 1st
2位 酢酸エステル類の... (526)
3位 アルコール発酵の... (510)
4位 インフルエンサー... (473)
5位 アーカイヴと思考... (400)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース