慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_22520582seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_22520582seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :171.8 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 1024

Total downloads since Dec 11, 2014 : 1024
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 談話構築プロセスと学習環境要因の関連性 : 社会文化的観点からの考察  
カナ ダンワ コウチク プロセス ト ガクシュウ カンキョウ ヨウイン ノ カンレンセイ : シャカイ ブンカテキ カンテン カラ ノ コウサツ  
ローマ字 Danwa kochiku purosesu to gakushu kankyo yoin no kanrensei : shakai bunkateki kanten kara no kosatsu  
別タイトル
名前 The effect of learning environment on L2 discourse co-construction processes: Sociocultural perspective  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 中浜, 優子  
カナ ナカハマ, ユウコ  
ローマ字 Nakahama, Yuko  
所属 慶應義塾大学・環境情報学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50343215
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究の目的は、英語学習者の学習環境の違いがストーリー構成に及ぼす影響を包括的に捉えることである。ESL/EFL学習者が英語話者との会話の中でストーリーテリングを行ったところ、トピック言及の指標である冠詞や代名詞については学習環境に拘わらず不適切な使用が見られた一方、EFL学習者が独話調であったのに対し、ESL学習者は談話標識等を駆使し、対話者と協働的にストーリー展開を試みる等、異なる傾向が表出された。本研究により、外国語教育における語用論的知識の教授の必要性が示唆され、母語にない言語形式は、ESL環境での肯定的証拠の豊富さにも拘わらず、誤用として定着するという言語転移の特質も明らかになった。
The study investigated the effect of learning environment on L2 story telling processes.  High intermediate level EFL and ESL learners whose L1 is Japanese narrated stories within conversation with English native speakers. The results revealed that 1) irrespective of learning environment, inappropriate use of articles and pronouns were found in learner narratives, and 2) EFL and ESL learners displayed differing patterns in telling stories. Specifically, the EFL learners tended to tell monologic narratives, whereas the ESL learners were inclined to involve their native speaker interlocutors using discourse markers such as 'you know' and 'okay'. The research demonstrated persistent difficulty with the use of linguistic forms that do not exist in learners' L1 system despite abundant positive evidence ESL environment provides. Moreover, the study implied the importance of providing pedagogical intervention to teach pragmatics such as discourse markers and interactional strategies.
 
目次

 
キーワード
社会文化理論  

談話構築プロセス  

学習環境  

ナラティブ  

第二言語習得  

英語習得  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2010~2013
課題番号 : 22520582
研究分野 : 人文学
科研費の分科・細目 : 言語学・外国語教育
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:29:36  
作成日
Dec 11, 2014 11:29:36  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (490) 1st
2位 慶應義塾図書館史... (401)
3位 斎藤隆夫の「粛軍... (394)
4位 認知文法から考え... (379)
5位 M&Aにおける... (372)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (398) 1st
2位 新参ファンと古参... (323)
3位 日本における美容... (281)
4位 新自由主義に抗す... (238)
5位 重陽の詩歌 : 詩... (232)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース