慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_20791163seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_20791163seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :607.5 KB
Last updated :Jun 3, 2011
Downloads : 1905

Total downloads since Jun 3, 2011 : 1905
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 子宮頸癌の免疫逃避機構の解明と免疫療法への応用  
カナ シキュウケイガン ノ メンエキ トウヒ キコウ ノ カイメイ ト メンエキ リョウホウ エノ オウヨウ  
ローマ字 Shikyukeigan no meneki tohi kiko no kaimei to meneki ryoho eno oyo  
別タイトル
名前 Analysis of immune escape mechanism in cervical cancer that aims at immunotherapeutic application  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 西尾, 浩  
カナ ニシオ, ヒロシ  
ローマ字 Nishio, Hiroshi  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90445239
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2010  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2009  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
子宮頸癌の免疫逃避機構を解析するため、子宮頸癌細胞株を用いて各種の免疫抑制性因子の発現を網羅的に検討した。また、その発現機構を解明するため、細胞内シグナル伝達系を解析し、その結果、子宮頸癌細胞株SKG-IIではPD-L1およびB7-DCの発現がMAPK系のErkカスケードに依存することが判明した。一方、HPVのE6,E7遺伝子の発現とこれらの分子との発現との間には関連が認められなかった。
 
目次

 
キーワード
子宮頸癌  

腫瘍免疫学  

免疫逃避  

B7ファミリー  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)

研究期間 : 2008~2009

課題番号 : 20791163

研究分野 : 医歯薬学

科研費の分科・細目 : 外科系臨床医学・産婦人科学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jun 03, 2011 09:00:00  
作成日
Jun 03, 2011 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2009年度 / 文部科学省
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (311) 1st
2位 新自由主義に抗す... (289)
3位 DAOの法的地位と... (271)
4位 「余白的コミュニ... (266)
5位 個人・組織両面で... (258)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3141) 1st
2位 気象変化による片... (588)
3位 なぜ神が存在する... (578)
4位 サイバーセキュリ... (496)
5位 インフルエンサー... (313)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース