慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18K10686seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18K10686seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :77.8 KB
Last updated :Nov 14, 2022
Downloads : 121

Total downloads since Nov 14, 2022 : 121
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 肩関節ブレイン・マシン・インターフェースを駆動する脳活動の大脳半球優位性について  
カナ カタカンセツ ブレイン・マシン・インターフェース オ クドウスル ノウ カツドウ ノ ダイノウ ハンキュウ ユウイセイ ニ ツイテ  
ローマ字 Katakansetsu burein mashin intāfēsu o kudōsuru nō katsudō no dainō hankyū yūisei ni tsuite  
別タイトル
名前 Cerebral hemispheric dominance of brain activity driving the shoulder joint brain-machine interface  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 赤星, 和人  
カナ アカボシ, カズト  
ローマ字 Akaboshi, Kazuto  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20212409

名前 新藤, 恵一郎  
カナ シンドウ, ケイイチロウ  
ローマ字 Shindō, Keiichirō  
所属 慶應義塾大学・政策・メディア研究科 (藤沢) ・特任准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70338177

名前 川上, 途行  
カナ カワカミ, ミチユキ  
ローマ字 Kawakami, Michiyuki  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80424133
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
慢性期脳卒中患者に対し、肩関節BMI訓練を、肩関節挙上の運動企図時の、①同側(非損傷)半球ERD、②対側(損傷)半球ERD、に基づいて1回ずつ実施し、BMI訓練における、両側運動野のERDの大きさや変化、および成功率を比較検討した。脳卒中患者において、どちらの半球のERDをフィードバックに用いても、脳活動をトレーニングした方向へ誘導できることが明らかになった。これは、これまでは障害側半球の興奮性を増加させるアプローチが主流だった中枢性運動麻痺の治療に関して、特に近位機能に対する新たな治療戦略における基礎となる重要な情報を得た。
BMI training was performed to improve shoulder elevation in chronic stroke patients. BMI training using the non-injured hemisphere as a trigger and BMI training using the injured hemisphere as a trigger were performed respectively. We compared the size and change of ERD in bilateral motor cortex and the success rate of BMI training. The results showed that the ERD of either hemisphere could be used as feedback to guide the brain activity in the trained direction in stroke patients.
 
目次

 
キーワード
ブレイン・マシーン・インターフェース  

脳卒中  

片麻痺  

損傷脳  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2018~2020
課題番号 : 18K10686
研究分野 : リハビリテーション
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 14, 2022 12:38:53  
作成日
May 17, 2022 13:23:26  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
Nov 14, 2022    著者 著者ID,著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録 内容,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (1014) 1st
2位 「危険の予見可能... (594)
3位 731部隊と細菌戦 ... (390)
4位 新自由主義に抗す... (390)
5位 ガールクラッシュ... (359)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (966) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (773)
3位 酢酸エステル類の... (714)
4位 渋沢栄一と朝鮮 :... (700)
5位 慶應義塾大学日吉... (657)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース