慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18K08552seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18K08552seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :89.9 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 146

Total downloads since May 17, 2022 : 146
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 肝門部胆管癌におけるクリニカルシークエンスパネルを用いたゲノム解析とその応用  
カナ カンモンブ タンカンガン ニ オケル クリニカル シークエンス パネル オ モチイタ ゲノム カイセキ ト ソノ オウヨウ  
ローマ字 Kanmonbu tankangan ni okeru kurinikaru shīkuensu paneru o mochiita genomu kaiseki to sono ōyō  
別タイトル
名前 Genome analysis using a clinical sequence panel in hilar cholangiocarcinoma  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 阿部, 雄太  
カナ アベ, ユウタ  
ローマ字 Abe, Yūta  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70327526
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
肝門部胆管癌根治切除症例のうちDNA抽出を成功した全77例を解析した。NGSを用いて遺伝子配列を調べ、遺伝子変異を同定した。結果38種の遺伝子変異(のべ138変異)を同定した。病理学的に異なるとされる肝内胆管癌肝門部浸潤と大型胆管由来の肝門部胆管癌には遺伝子変異にある一定の傾向があった。胆道癌の共通ドライバー遺伝子とされるBRCA2, ERBB2, TP53については既報と同様の変異率であったがこれらと病理学的因子や予後因子に相関を認めなかった。しかし上記遺伝子異常に別の新規遺伝子異常の組み合わせが予後予測因子になりえる可能性が示唆された。これら新たな知見をまとめ現在論文作成中である。
We analyzed all 77 radical resection sample from patients with hilar cholangiocarcinoma with successful DNA extractions. Gene sequences were sequenced using NGS to identify gene mutations. 38 gene mutations (138 mutations in total) were identified. Intrahepatic cholangiocarcinoma with hilar invasion and hilar cholangiocarcinoma derived from the large bile duct had a certain tendency for gene mutation. In addition, analysis by pathological factors revealed a significant difference between vascular infiltration and gene mutation, and lymphatic infiltration and lymph node metastasis and gene mutation. BRACA2, ERBB2, and TP53, which are common driver genes for biliary tract cancer, had the same mutation rates as previously reported, however, these were not correlate with pathological factors or prognostic factors. From our results, it was suggested that a combination of some genetic abnormalities could be a predictor of prognosis.
 
目次

 
キーワード
胆道癌  

ゲノム医療  

次世代シーケンサー  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2018~2020
課題番号 : 18K08552
研究分野 : 肝胆膵外科
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:20:25  
作成日
May 17, 2022 13:20:25  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1690) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (433)
3位 石垣島の「エコツ... (406)
4位 新自由主義に抗す... (373)
5位 In-vivo kinemati... (267)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1057) 1st
2位 インフルエンサー... (492)
3位 酢酸エステル類の... (481)
4位 刑法における因果... (420)
5位 興味が引き起こさ... (406)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース