慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18K06469seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18K06469seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :392.4 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 96

Total downloads since May 17, 2022 : 96
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル p38 MAPKを介した成体神経幹/前駆細胞老化制御機構の解明  
カナ p38 MAPK オ カイシタ セイタイ シンケイカン/ゼンク サイボウ ロウカ セイギョ キコウ ノ カイメイ  
ローマ字 p38 MAPK o kaishita seitai shinkeikan/zenku saibō rōka seigyo kikō no kaimei  
別タイトル
名前 Regulatory mechanisms of aging of adult neural stem/progenitor cells via p38 MAPK  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 島崎, 琢也  
カナ シマザキ, タクヤ  
ローマ字 Shimazaki, Takuya  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00324749
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
哺乳類成体脳における神経新生は加齢とともに低下する。我々はp38 MAPキナーゼの加齢に伴う神経幹/前駆細胞(NSPCs)における発現低下が、その低下の大きな要因であることを発見した。NSPCsにおけるp38ファミリーの主アイソザイムであるp38alphaを欠損させると、幹細胞ではなく、前駆細胞(NPCs)の増殖が特異的に低下した一方、老化したNSPCsに強制発現させると、低下したNPCsの増殖と神経新生が回復した。また、p38はWntシグナルのアンタゴニストの発現抑制に必要であることも発見し、これらの遺伝子のノックダウンを老化マウスNSPCsで行うとNPCsの増殖が促進された。
Adult neurogenesis in mammalian brain declines with aging. We identify p38 MAP-Kinase as a key factor in the proliferation of neural progenitor cells (NPCs) but not stem cells in adult neurogenic niches. p38 expression in adult NSPCs is downregulated during aging. Deletion of p38alpha which is a major isozyme of p38 family in NSPCs reduces the proliferation of NPCs but not stem cells. Conversely, forced expression of p38alpha in NSPCs in the aged SVZ restores NPC proliferation and neurogenesis. We also found that p38 is necessary for suppressing the expression of Dickkopf-1(DKK1) and secreted frizzled-related protein 3(SFRP3) which are antagonists of the Wnt signaling. Moreover, the knockdown of either Dkk1 or Sfrp3 facilitates proliferation of NPCs in aged mouse SVZ. Age-related reduction in p38 thus leads to decreased adult neurogenesis via downregulation of Wnt signaling.
 
目次

 
キーワード
神経幹細胞  

神経前駆細胞  

神経新生  

p38  

老化  

増殖  

成体脳  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2018~2020
課題番号 : 18K06469
研究分野 : 神経発生
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:20:40  
作成日
May 17, 2022 13:20:40  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 なぜ日本ユニテリ... (492) 1st
2位 ネットワークにつ... (476)
3位 ドイツのSNS対策... (452)
4位 慶應義塾大学薬学... (426)
5位 新自由主義に抗す... (402)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (783) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (546)
3位 楽天とアマゾンの... (496)
4位 インフルエンサー... (482)
5位 独ソ不可侵条約と... (444)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース