慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K16703seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K16703seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :366.5 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 480

Total downloads since Mar 5, 2021 : 480
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 磁気共鳴画像法を用いた肩甲帯周囲筋の三次元定量的解析  
カナ ジキ キョウメイ ガゾウホウ オ モチイタ ケンコウタイ シュウイキン ノ サンジゲン テイリョウテキ カイセキ  
ローマ字 Jiki kyōmei gazōhō o mochiita kenkōtai shūikin no sanjigen teiryōteki kaiseki  
別タイトル
名前 Three-dimensional quantitative assessment of the rotator cuff muscle using magnetic resonance imaging  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 松村, 昇  
カナ マツムラ, ノボル  
ローマ字 Matsumura, Noboru  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70383859
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究はMRIの三次元シークエンスで撮影された画像を用いて肩甲帯周囲筋の形態と脂肪浸潤の詳細な定量解析を行い、肩甲帯周囲筋の形態を明らかにすること、画像所見から患者の正確な予後予測を行うこと、筋変性メカニズムを解明することを目的とした。対照群と比較して腱断裂が生じた筋では筋内脂肪含有率が高値、筋体積が低値を示しており、また広範囲断裂においては小円筋が代償性に筋体積高値を示していた。本研究結果は過去の知見と矛盾せず、MRIを用いて筋変性を定量的に評価することが可能であった。また陳旧性腱板断裂においては経時的に筋萎縮が進行するものの、筋内脂肪浸潤の著明な進行は生じないことが明らかとなった。
In cases with rotator cuff tears, muscular degeneration is known to be a predictor of irreparable tears and poor outcomes after surgical repair. Fatty infiltration and volume of the whole muscles constituting the rotator cuff were quantitatively assessed using 3-dimensional magnetic resonance imaging. Intra- and inter-rater reliabilities were regarded as excellent for both fat fraction and muscle volume. Tendon rupture adversely increased the fat fraction value of the respective rotator cuff muscle. The massive tear group showed significantly decreased muscle volume of infraspinatus and increased volume of teres minor. Three-dimensional measurement could evaluate fatty infiltration and muscular volume with excellent repruducibility. In cases with rotator cuff tears, fatty infiltration of the torn muscle is thought to cause in its early phase, and muscle atrophy appears to gradually progress.
 
目次

 
キーワード
肩関節外科  

腱板断裂  

筋変性  

MRI  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究 (B)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K16703
研究分野 : 整形外科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:26:32  
作成日
Mar 05, 2021 13:26:32  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (488) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (419)
3位 慶應義塾図書館史... (414)
4位 認知文法から考え... (395)
5位 M&Aにおける... (383)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (393) 1st
2位 新参ファンと古参... (321)
3位 日本における美容... (303)
4位 興味が引き起こさ... (252)
5位 新自由主義に抗す... (250)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース