慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K16483seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K16483seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :378.0 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 105

Total downloads since Mar 5, 2021 : 105
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 放射線照射後グリオーマ幹細胞の細胞間クロストークによる治療抵抗性の解析  
カナ ホウシャセン ショウシャゴ グリオーマ カンサイボウ ノ サイボウカン クロストーク ニ ヨル チリョウ テイコウセイ ノ カイセキ  
ローマ字 Hōshasen shōshago guriōma kansaibō no saibōkan kurosutōku ni yoru chiryō teikōsei no kaiseki  
別タイトル
名前 Analysis of radioresistance and intercellular crosstalk of postirradiation glioma stem cells  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 公田, 龍一  
カナ コウタ, リュウイチ  
ローマ字 Kōta, Ryūichi  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00464834
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は脳腫瘍細胞が放射線に抵抗する仕組みの中で、特に放射線照射によって増強される獲得放射線抵抗性の解明を目的とし、マウスグリオーマ幹細胞モデル細胞 (iGSC) を用いて放射線抵抗性に寄与する因子を探索した。解析の結果、放射線照射によりiGSCが細胞老化に陥るとIGFBP3という分泌タンパクの発現が低下することが明らかになった。一般にIGFBP3が少ない環境においてはIGFのシグナルレベルが上昇することが知られており、より細胞生存に有利な状況となる。放射線照射で死滅しきれず生き残った腫瘍細胞は周囲の老化細胞が多い状況でより生存に適したフェノタイプを取ることが明らかになった。
The purpose of this study is to elucidate the acquired radiation resistance of brain tumor cells, which is enhanced by irradiation itself. In this study, murine glioma stem cells (iGSC) were used as model cells of human giloblastoma stem cells.As a result of the analysis, it was revealed that a single dose of 10Gy irradiation caused cellular senescence, and the expression of a secretory protein IGFBP3 was decreased.
In general, it is known that the IGF signal is fortified in an environment with a low amount of IGFBP3. Also in iGSC, it was confirmed that the expression of phosphorylated Akt was increased downstream of IGF. These findings suggest that cellular survival signals are activated by a radiation-induced low IGFBP3 extracellular environment.
 
目次

 
キーワード
放射線抵抗性  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究 (B)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K16483
研究分野 : 放射線医学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:26:32  
作成日
Mar 05, 2021 13:26:32  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (478) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (452)
3位 ドイツのSNS対策... (423)
4位 慶應義塾大学薬学... (400)
5位 新自由主義に抗す... (389)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (802) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (633)
3位 ドイツのSNS対策... (580)
4位 インフルエンサー... (465)
5位 アセトアニリドの... (454)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース