慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K11060seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K11060seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :207.8 KB
Last updated :Nov 15, 2022
Downloads : 107

Total downloads since Nov 15, 2022 : 107
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 遠隔虚血プレコンディショニングのメカニズムを利用した心停止後症候群治療戦略の検討  
カナ エンカク キョケツ プレコンディショニング ノ メカニズム オ リヨウシタ シンテイシゴ ショウコウグン チリョウ センリャク ノ ケントウ  
ローマ字 Enkaku kyoketsu purekondishoningu no mekanizumu o riyōshita shinteishigo shōkōgun chiryō senryaku no kentō  
別タイトル
名前 A strategy for the treatment of post cardiac arrest syndrome adopting the mechanism of remote ischemic preconditioning  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 南嶋, しづか  
カナ ミナミシマ, シズカ  
ローマ字 Minamishima, Shizuka  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20622088

名前 鈴木, 武志  
カナ スズキ, タケシ  
ローマ字 Suzuki, Takeshi  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80327600

名前 加藤, 純悟  
カナ カトウ, ジュンゴ  
ローマ字 Katō, Jungo  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40465018

名前 井上, 敬  
カナ イノウエ, ケイ  
ローマ字 Inoue, Kei  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90464932
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
遠隔虚血プレコンディショニングを伝達する液性因子であり虚血再灌流障害を軽減すると言われているキヌレン酸 (KYNA) が、心停止 (CA) /心肺蘇生 (CPR) 後の予後に及ぼす影響についてマウスモデルで検討した。CA/CPRから30分後の血清KYNA濃度は、生存群より7日以内に死亡したマウスで有意に高かった。CPR開始前にKYNAを投与するとCPR開始5分後の血圧は著明に増加したものの、血清過酸化水素濃度も著増し生存率は改善しなかった。KYNAによるCA/CPR後の活性酸素種産生増加や心筋の陽性変力作用のメカニズムの解明、KYNA産生抑制とCPR後の予後改善の可能性などさらなる研究が必要である。
Kynurenic acid (KYNA), one of the humoral mediators of remote ischemic preconditioning, has been reported to protect organs from ischemia reperfusion injury. We studied the impact of KYNA on the outcome of cardiac arrest (CA) and cardiopulmonary resuscitation (CPR) in mice. Serum KYNA level at 30 minutes after CPR was markedly increased in the dead mice group after CA/CPR compared with the alive. Administration of 80 mg/kg KYNA 1 minutes before CPR increased mean arterial pressure but also serum hydrogen peroxide level at 5 minutes after CPR, and then failed to improve survival rate after CA/CPR. Further study is needed to reveal the mechanism responsible for the cardiac inotropic effect and upregulation of reactive oxygen species production.
 
目次

 
キーワード
キヌレン酸  

心停止後症候群  

虚血再灌流障害  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K11060
研究分野 : 麻酔蘇生学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 15, 2022 09:40:29  
作成日
Mar 05, 2021 13:23:40  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
Nov 15, 2022    著者 著者ID,著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録 内容,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (549) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (454)
3位 新自由主義に抗す... (369)
4位 石垣島の「エコツ... (269)
5位 ガールクラッシュ... (263)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (765) 1st
2位 酢酸エステル類の... (541)
3位 アルコール発酵の... (499)
4位 インフルエンサー... (487)
5位 アーカイヴと思考... (412)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース