慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K09961seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K09961seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :248.6 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 363

Total downloads since Mar 5, 2021 : 363
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 同種造血細胞移植後ヒトヘルペスウイルス6型再活性化の免疫機構の解明と予防法の確立  
カナ ドウシュ ゾウケツ サイボウ イショクゴ ヒト ヘルペス ウイルス 6ガタ サイカッセイカ ノ メンエキ キコウ ノ カイメイ ト ヨボウホウ ノ カクリツ  
ローマ字 Dōshu zōketsu saibō ishokugo hito herupesu uirusu 6gata saikasseika no men'eki kikō no kaimei to yobōhō no kakuritsu  
別タイトル
名前 Human Herpes Virus 6 reactivation after allogeneic stem cell transplantation  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 山崎, 理絵  
カナ ヤマザキ, リエ  
ローマ字 Yamazaki, Rie  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80365262

名前 中山, 瞳  
カナ ナカヤマ, ヒトミ  
ローマ字 Nakayama, Hitomi  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
同種移植患者34例の血漿中のHHV-6DNA量をデジタルPCR及びリアルタイムPCRで測定し、CD4+ T細胞におけるCD134 (HHV-6特異的受容体) 発現率とHHV-6再活性化の関連を前向きに検討した。HHV-6再活性化群では非再活性化群に比し移植前のCD4+ T細胞におけるCD134発現率 (CD134/CD4比) が有意に高値だった (3.8% vs 1.5%, P<0.01) 。多変量解析にて移植前CD134/CD4比高値 (odds比=10.5, P=0.03) と臍帯血を含むHLA不適合移植 (odds比=15.4, P=0.04) がHHV-6再活性化のリスク因子であることを示した。
We prospectively evaluated the relationship between HHV-6 reactivation and CD134+ T cells in the recipients of allo-HSCT. 
HHV-6 viral load in plasma was quantitatively measured weekly after allo-HSCT by digital PCR in 34 patients. The ratio of CD134 in CD4+ T cells (CD134/CD4 ratio) was serially measured by flow cytometry before and after HSCT. The CD134/CD4 ratio before HSCT was significantly higher in patients with HHV-6 reactivation than in those without (median, 3.8% vs 1.5%, P<0.01). In the multivariate analysis, a higher CD134/CD4 ratio before conditioning (odds ratio [OR], 10.5, P=0.03) and a stem cell source from an HLA-mismatched donor (OR, 15.4, P=0.04) remained as significant factors associated with HHV-6 reactivation.
 
目次

 
キーワード
ヒトヘルペスウイルス6型  

同種造血幹細胞移植  

CD134  

デジタルPCR  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K09961
研究分野 : 造血幹細胞移植
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:23:39  
作成日
Mar 05, 2021 13:23:39  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (510) 1st
2位 実践的推論の合理... (437)
3位 新自由主義に抗す... (425)
4位 統治の思想と実務... (325)
5位 攻撃衝動の体系的... (314)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1557) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (844)
3位 独ソ不可侵条約と... (742)
4位 アセトアニリドの... (507)
5位 楽天とアマゾンの... (397)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース