慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K08668seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K08668seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :281.0 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 262

Total downloads since Mar 5, 2021 : 262
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル プレシナプスにおけるアルツハイマー病発症の分子機序解析  
カナ プレシナプス ニ オケル アルツハイマービョウ ハッショウ ノ ブンシ キジョ カイセキ  
ローマ字 Pureshinapusu ni okeru arutsuhaimābyō hasshō no bunshi kijo kaiseki  
別タイトル
名前 Study of synaptic mechanism for Alzheimer's disease pathogenesis  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 渡部, 博貴  
カナ ワタナベ, ヒロタカ  
ローマ字 Watanabe, Hirotaka  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・特任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30422413
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
PS遺伝子のヒト神経細胞での生理的機能を検討するため、CRISPR/Cas9系を用いて、健常人由来ヒト人工多能性幹細胞 (iPSC) からPS条件的ノックアウトiPSCを作製した。これらのiPSCを大脳皮質神経細胞へ分化誘導し、Cre発現レンチウイルスを感染させることで、神経細胞でのPS発現を消失させることに成功した。これらのPSノックアウト神経を用いてAβ産生を測定したところ、PS1/PS2の両方ともノックアウトした神経細胞のみAβの低下が認められた。マウスでのAβ産生には主にPS1が重要であることから、ヒト神経細胞ではマウスとは異なるPS/γセクレターゼの性質を持つことが示された。
In this study, to investigate whether presenilin 1 (PS1) plays essential physiological roles in human cortical mature neurons, we generated PS1 conditional knockout (cKO) induced pluripotent stem cells (iPSCs), in which PS1 can be ablated selectively under an introduction of Cre recombinase, and/or additional PS2 KO iPSC. We then differentiated the fPS1/fPS1 and fPS1/fPS1;PS2-/- iPSCs into human cortical neurons in vitro, and ablated PS1 proteins by infection of lentivirus expressing Cre. Whereas no gross morphological alteration and neuronal marker expression was observed between PS1- and/or PS2-null neurons and control neurons, Aβ production was robustly reduced only in PS1/PS2-null neurons. In contrast to previous studies using mouse genetics, in which γ-secretase activity is mainly attributable to PS1, human PS2/γ-secretase activity is unexpectedly comparable with PS1/γ-secretase in human neurons. These results suggest an importance of enzyme/substrate subcellular localization.
 
目次

 
キーワード
アルツハイマー病  

iPS細胞  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K08668
研究分野 : 神経科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:23:38  
作成日
Mar 05, 2021 13:23:38  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1674) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (432)
3位 石垣島の「エコツ... (403)
4位 新自由主義に抗す... (369)
5位 In-vivo kinemati... (249)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1049) 1st
2位 インフルエンサー... (504)
3位 酢酸エステル類の... (468)
4位 興味が引き起こさ... (425)
5位 刑法における因果... (423)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース