慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17073016seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17073016seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :129.9 KB
Last updated :Jun 3, 2011
Downloads : 2669

Total downloads since Jun 3, 2011 : 2669
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル イオン液体を用いた新しい表面処理技術  
カナ イオン エキタイ オ モチイタ アタラシイ ヒョウメン ショリ ギジュツ  
ローマ字 Ion ekitai o mochiita atarashii hyomen shori gijutsu  
別タイトル
名前 Development of new surface finishing technology using ionic liquids  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 片山, 靖  
カナ カタヤマ, ヤスシ  
ローマ字 Katayama, Yasushi  
所属 慶應義塾大学・理工学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50286639
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2010  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2009  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
イオンのみからなる液体であるイオン液体から工業的に有用な金属を析出させる新しい技術を開発することを目的として, イオン液体に溶けた金属イオンの反応について研究した.  イオン液体中の金属イオンの移動速度はイオン液体の高い粘性を反映して遅く, 金属イオンの反応の速度も水溶液などと比較して遅いことが明らかになった.  イオン液体から銀, コバルト, スズ, ニッケル, パラジウムなどの金属を析出させることに成功した.
 
目次

 
キーワード
イオン液体  

電気化学  

めっきプロセス  

ナノ粒子  
NDC
 
注記
研究種目 : 特定領域研究

研究期間 : 2005~2009

課題番号 : 17073016

研究分野 : 電気化学

科研費の分科・細目 : 複合化学・機能物質化学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jun 03, 2011 09:00:00  
作成日
Jun 03, 2011 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2009年度 / 文部科学省
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 出生率及び教育投... (775) 1st
2位 『うつほ物語』俊... (474)
3位 新自由主義に抗す... (384)
4位 731部隊と細菌戦 ... (356)
5位 二〇二三年度三田... (269)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2455) 1st
2位 家族主義と個人主... (1905)
3位 731部隊と細菌戦 ... (574)
4位 猫オルガンとはな... (510)
5位 新参ファンと古参... (438)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース