慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K17666seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K17666seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :298.4 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 205

Total downloads since Oct 31, 2019 : 205
 
タイトル
タイトル 銀河系中心領域での局所的な爆発的星形成現象  
カナ ギンガケイ チュウシン リョウイキ デノ キョクショテキナ バクハツテキ ホシ ケイセイ ゲンショウ  
ローマ字 Gingakei chūshin ryōiki deno kyokushotekina bakuhatsuteki hoshi keisei genshō  
別タイトル
名前 Local burst-like star formation in galactic central region  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 田中, 邦彦  
カナ タナカ, クニヒコ  
ローマ字 Tanaka, Kunihiko  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上)・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00534562
publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
銀河系中心部で見られる局所的な激しい星形成活動の起源を探ることを目的とし(1) 衝突分子雲中での誘発的星形成 (2)中心核近傍領域への質量供給過程の観測的研究をALMA望遠鏡を用いて行った。高速度分子雲CO-0.4が分子雲衝突の現場であることを高い確度で明らかにし、衝突によって星形成可能な高密度構造が形成される現場を捉えることに成功した。これまで十分調べられていなかった中心核近傍の低密度ガスの分布と運動の解析を行い、比較的最近の大規模な質量供給イベントの痕跡を見出した。また階層的パラメータ推定を用いた多輝線励起計算による分子雲の物理・化学状態推定法を実用化した。
Origin of the local burst-like star formation activity in the Galactic central region was investigated via observational case studies of candidate sites of collision-triggered star-forming regions and the molecular gas feeding to the circumnuclear region. High-sensitivity and high-resolution observations with ALMA  identified shock-compressed layer created by cloud-cloud collision in the cloud CO-0.4,  which harbors dense-gas peaks that may qualify the density threshold for star-formation in the highly-turbulent environment in the Galactic center. Detailed analysis of distribution and kinematics of low-density gas component in the cirnumnuclear disk was conducted, which showed signatures of a large-scale mass-feeding event in recent past. A new method of multi-transition excitation analysis employing a hierarchical parameter inference framework was developed and used in the above studies.
 
目次

 
キーワード
電波天文学  

星形成  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16K17666
研究分野 : 天文学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:11:06  
作成日
Oct 31, 2019 11:11:06  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (524) 1st
2位 日韓会談と日韓国... (413)
3位 組織市民行動が成... (357)
4位 もしも世界がみん... (319)
5位 ドイツのSNS対策... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (725) 1st
2位 アセトアニリドの... (561)
3位 Instagram解析に... (534)
4位 日本市場における... (485)
5位 家族主義と個人主... (458)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース