慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16H05215seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16H05215seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :261.1 KB
Last updated :Nov 14, 2022
Downloads : 123

Total downloads since Nov 14, 2022 : 123
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 冠動脈疾患の診療適格化 : 循環器領域でのprecision medicineの実践  
カナ カンドウミャク シッカン ノ シンリョウ テキカクカ : ジュンカンキ リョウイキ デノ precision medicine ノ ジッセン  
ローマ字 Kandōmyaku shikkan no shinryō tekikakuka : junkanki ryōiki deno precision medicine no jissen  
別タイトル
名前 Precision medicine in cardiology : personalizing the management in the patients with coronary artery disease  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 香坂, 俊  
カナ コウサカ, シュン  
ローマ字 Kōsaka, Shun  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30528659

名前 宮田, 裕章  
カナ ミヤタ, ヒロアキ  
ローマ字 Miyata, Hiroaki  
所属 東京大学・医学部附属病院・特任教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70409704

名前 猪原, 拓  
カナ イノハラ, タク  
ローマ字 Inohara, Taku  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前 池村, 修寛  
カナ イケムラ, ノブヒロ  
ローマ字 Ikemura, Nobuhiro  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前 庄司, 聡  
カナ ショウジ, サトシ  
ローマ字 Shōji, Satoshi  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00875411

名前 澤野, 充明  
カナ サワノ, ミツアキ  
ローマ字 Sawano, Mitsuaki  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00796104

名前 白石, 泰之  
カナ シライシ, ヤスユキ  
ローマ字 Shiraishi, Yasuyuki  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00752700
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究の目標は、循環器分野における Precision Medicine (精密医療) を実践し、大規模データベースの発展的な活用を行うことである。具体的には施設レベルでの診療実態や治療成績のベンチマーキングを行い、さらに主要な治療手技である冠動脈インターベンション (PCI) の潜在的リスクとされる出血・腎障害の予測モデルの構築や検証を行い、個別化されたリスクの提示を行っていく。現在、① 患者背景、② 冠動脈血管造影や PCI の術中情報、③ 院内予後・合併症、さらに ④ 退院後長期予後の収集を継続的に実施している。主要な院内予後に関するリスク補正式の現場活用への検討も行われている。
The purpose of the project was to utilize the large-scale procedure-based registry dataset to establish infrastructure for providing 'precision medicine' in the management of patients with coronary artery disease. We aimed to benchmark the performance of PCI (percutaneous coronary intervention; non-surgical procedure that uses a catheter to place a small structure called a stent to open up blood vessels in the heart that have been narrowed by atherosclerosis) for participating institutions, and build risk-models related to adverse outcome during and after the procedure.
We have reported the baseline characteristics and clinical outcomes of patients who underwent PCI in the region (registered roughly 27.000 patients) and compared the information with the registries and database obtained in other countries. In additon, validation of the key in-hospital outcomes were performed, and aim to include the long-term follow-up information within our risk models in the near future.
 
目次

 
キーワード
医療の質  

冠動脈疾患  

冠動脈インターベンション  

アウトカム  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (B) (一般)
研究期間 : 2016~2019
課題番号 : 16H05215
研究分野 : 循環器内科
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 14, 2022 13:58:31  
作成日
Mar 05, 2021 13:19:11  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
Nov 14, 2022    著者 著者ID,著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録 内容,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日豪「ミドルパワ... (854) 1st
2位 新自由主義に抗す... (708)
3位 グラウンデッド・... (507)
4位 ドイツのSNS対策... (501)
5位 なぜ日本ユニテリ... (480)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Research on elec... (2162) 1st
2位 新たなかたちのひ... (2013)
3位 Linguistic encod... (1971)
4位 経営者が語るアン... (1768)
5位 ソレルスの中国 (... (1572)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース