慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16H03285seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16H03285seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :272.0 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 119

Total downloads since Mar 5, 2021 : 119
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル カルシウムポンプに作用する海洋天然物を基盤とした破骨細胞分化抑制剤の創製  
カナ カルシウム ポンプ ニ サヨウスル カイヨウ テンネンブツ オ キバン ト シタ ハコツ サイボウ ブンカ ヨクセイザイ ノ ソウセイ  
ローマ字 Karushiumu ponpu ni sayōsuru kaiyō tennenbutsu o kiban to shita hakotsu saibō bunka yokuseizai no sōsei  
別タイトル
名前 Development of osteoclast differentiation inhibitors based on marine natural products that act on calcium pumps  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 末永, 聖武  
カナ スエナガ, キヨタケ  
ローマ字 Suenaga, Kiyotake  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60273215
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
海洋シアノバクテリア由来のマクロリド配糖体ビセリングビアサイド (BLS) の種々の誘導体を調製する方法を確立した。合成の中盤・終盤でのグリコシル化は困難であることがわかったため、合成の序盤で糖部位を導入した。その後に18員環構築は、種々の環化前駆体において問題なく進行し、BLS類の合成法を確立した。BLS類の抗マラリア活性を評価したところ、弱いながら活性を示した。海洋シアノバクテリア由来鎖状ペリポプチドJahanyne (JHN) のビオチンプローブを用いてアフィニティー精製を進めたところ、標的候補タンパク質として分子量20kDaのアポトーシス誘導タンパク質を見出した。
A synthetic method of artificial analogs of biselyngbyaside (BLS), a macrolide glycoside isolated from marine cyanobacteria, has been established. Since glycosylation reactions in the middle or late stage of the synthesis were difficult, sugar moiety was introduced in the early stage. The 18-membered ring construction proceeded in good yields in various cyclization precursors, thus a synthetic method for BLS analogs was established. Natural and synthetic analogs of BLS showed weak antimalarial activities. Affinity purification experiments by using biotin probes of Jahanyne (JHN), a linear lipopeptide isolated from marine cyanobacteria, have identified anti-apoptosis protein (20 kDa) as a candidate of target molecule.
 
目次

 
キーワード
海洋シアノバクテリア  

マクロリド配糖体  

ビセリングビアサイド  

破骨細胞分化抑制  

人工誘導体  

構造活性相関  

抗マラリア活性  

リポペプチド  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (B) (一般)
研究期間 : 2016~2019
課題番号 : 16H03285
研究分野 :  天然物化学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:19:10  
作成日
Mar 05, 2021 13:19:10  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (468) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (393)
3位 新自由主義に抗す... (379)
4位 ドイツのSNS対策... (376)
5位 攻撃衝動の体系的... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (805) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (632)
3位 ドイツのSNS対策... (595)
4位 なぜ日本ユニテリ... (594)
5位 アセトアニリドの... (448)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース