慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16H02651seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16H02651seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :166.9 KB
Last updated :Nov 14, 2022
Downloads : 83

Total downloads since Nov 14, 2022 : 83
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル クロマチンリモデリング因子による高品質iPS細胞の作製方法の確立  
カナ クロマチン リモデリング インシ ニ ヨル コウヒンシツ iPS サイボウ ノ サクセイ ホウホウ ノ カクリツ  
ローマ字 Kuromachin rimoderingu inshi ni yoru kōhinshitsu iPS saibō no sakusei hōhō no kakuritsu  
別タイトル
名前 The development of high quality iPS cells by chromatin remodeling factors  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 福田, 恵一  
カナ フクダ, ケイイチ  
ローマ字 Fukuda, Keiichi  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20199227

名前 湯浅, 慎介  
カナ ユアサ, シンスケ  
ローマ字 Yuasa, Shinsuke  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90398628

名前 國富, 晃  
カナ クニトミ, アキラ  
ローマ字 Kunitomi, Akira  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30570882
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
人工多能性幹細胞 (iPS細胞)の質に関しては、染色体の安定性、遺伝子変異の有無、分化多能性に関して議論がなされてきた。またマウスES細胞並みの高品質ヒトiPS細胞として、naive iPS細胞に関する研究もなされてきた。本研究においては、再生医療の実現を念頭に置き、通常の体細胞からiPS細胞を作製する方法に導入する遺伝子を追加することにより、iPS細胞の品質向上を行ってきた。マウス体細胞においてレトロウイルスベクターを用いてiPS細胞樹立時にOct4、Sox2、Klf4と共にH1fooを強制発現させてiPS細胞を樹立し、同iPS細胞の高品質の確認を行ってきた。
In terms of the quality of iPS cells (induced pluripotent stem cells), there have been discussions regarding the chromosomal stability, inserted gene mutations, and pluripotency. In addition, research has been conducted on naive iPS cells as high-quality human iPS cells similar to mouse ES cells. In this study, for the realization of regenerative medicine, we have improved the quality of iPS cells by adding genes to the method for producing iPS cells from somatic cells. In mouse somatic cells, H1foo was introduced together with Oct4, Sox2, and Klf4 for the establishment of high quality iPS cells using a retrovirus vector, and the high quality of the iPS cells was confirmed.
 
目次

 
キーワード
iPS細胞  

品質  

クロマチンリモデリング因子  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (A) (一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16H02651
研究分野 : 循環器
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 14, 2022 13:45:39  
作成日
Mar 05, 2021 13:19:10  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
Nov 14, 2022    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,著者 著者ID,抄録 内容,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日豪「ミドルパワ... (890) 1st
2位 新自由主義に抗す... (716)
3位 グラウンデッド・... (515)
4位 ドイツのSNS対策... (504)
5位 なぜ日本ユニテリ... (484)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Research on elec... (2163) 1st
2位 新たなかたちのひ... (2013)
3位 Linguistic encod... (1971)
4位 経営者が語るアン... (1768)
5位 ソレルスの中国 (... (1575)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース