慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K18846seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K18846seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :864.3 KB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 340

Total downloads since Sep 21, 2017 : 340
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 論理的高分子設計によるデュアルpH応答型ドラッグデリバリーキャリアの創製  
カナ ロンリテキ コウブンシ セッケイ ニ ヨル デュアル pH オウトウガタ ドラッグ デリバリー キャリア ノ ソウセイ  
ローマ字 Ronriteki kobunshi sekkei ni yoru dyuaru pH otogata doraggu deribari kyaria no sosei  
別タイトル
名前 Development of dual pH-responsive drug delivery career by the logical design of polymer  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 蛭田, 勇樹  
カナ ヒルタ, ユウキ  
ローマ字 Hiruta, Yuki  
所属 慶應義塾大学・薬学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60710944
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
局所加温による温度変化, 細胞内小胞の低pHに注目した2段階温度, pH応答性ブロックポリマーを設計し, 抗がん剤のドキソルビシンを内包させてミセル化し, がん細胞選択的な取り込み, および細胞取り込み後の薬物放出が可能なドラッグキャリアを創製した。このポリマーミセルは, 体温よりも少し高い温度で相転移することで, 細胞取り込み量が増加した。細胞毒性への温度の影響を調べたところ, 42℃では37℃に比べて有意な細胞毒性を示した。温度変化による細胞取り込みコントロールと細胞内小胞の酸性環境を認識しドキソルビシンを効率良く放出する2段階の応答機能を持ち, がん細胞に対して有効な作用を示した。
We report a polymeric micelle drug delivery system, which enables selective intracellular uptake with external thermal stimulation, and effective release of a drug at internal acidic endosomal pH. We developed dual temperature- and pH-responsive polymeric micelle encapsulated anti-cancer agent, doxorubicin (DOX). The resultant micelle exhibited a temperature-dependent phase transition at a temperature slightly higher than body temperature, and intracellular uptake of encapsulated DOX was accelerated above phase transition temperature. The cytotoxicity of doxorubicin (DOX)-loaded dual temperature- and pH-responsive micelles against human cervical cancer HeLa cells was significantly greater at 42 ℃ than at 37 ℃, This proof-of-concept synergistic two-step delivery system with enhanced intracellular uptake upon external thermal stimulation and rapid release of DOX at internal acidic endosomal pH was effective against tumor cells in vitro.
 
目次

 
キーワード
温度  

pH  

機能性高分子  

ミセル  

DDS  

抗がん剤  

ナノ材料  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2015~2016
課題番号 : 15K18846
研究分野 : 物理系薬学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:40:54  
作成日
Sep 21, 2017 15:40:54  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 なぜ日本ユニテリ... (492) 1st
2位 ネットワークにつ... (476)
3位 ドイツのSNS対策... (452)
4位 慶應義塾大学薬学... (426)
5位 新自由主義に抗す... (402)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (783) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (546)
3位 楽天とアマゾンの... (496)
4位 インフルエンサー... (482)
5位 独ソ不可侵条約と... (444)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース