慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K06151seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K06151seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :106.6 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 151

Total downloads since Nov 12, 2018 : 151
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル システム制御理論に基づく量子状態変換法の設計理論  
カナ システム セイギョ リロン ニ モトズク リョウシ ジョウタイ ヘンカンホウ ノ セッケイ リロン  
ローマ字 Shisutemu seigyo riron ni motozuku ryōshi jōtai henkanhō no sekkei riron  
別タイトル
名前 Designing theory for quantum state transfer based on systems and control theory  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 山本, 直樹  
カナ ヤマモト, ナオキ  
ローマ字 Yamamoto, Naoki  
所属 慶應義塾大学・理工学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40513289
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究の目的は, システム制御理論に基づき量子状態変換のための設計理論を構築することである。対象系に応じて次の成果を得た。(1)多入力多出力線形系について, 完全状態転送の必要十分条件と実行プロトコルを明らかにした。また, この成果を量子光スイッチ設計へ応用した。(2)典型的な無限次元系であるGradient Echo Memory について, 必要な入力波形, 転送精度の離調依存性などを明らかにした。(3)非線形qubit結合系について, 完全状態転送の必要十分条件と実行プロトコルを明らかにした。(4)1入力1出力線形系について, 入力パルス波形の複雑さを軽減するプロトコルを開発した。
The purpose is to develop useful designing methods for quantum state transfer, based on systems and control theory. Depending on the type of systems, the following results have been obtained. (1) For the general multi-input multi-output linear system, the iff condition for the perfect state transfer and the concrete protocol have been clarified. Also an application to designing a quantum optical switch has been given. (2) For the Gradient Echo Memory system (a typical infinite dimensional system) detailed investigations have been examined ; condition for the input pulse shape, performance evaluation depending on the detuning, and so on. (3) For a coupled qubit system (a typical nonlinear system) the iff condition for the perfect state transfer and the concrete protocol have been clarified. (4) For the general single-input single-output linear system, a novel protocol for reducing the complexity of the required input pulse shape has been developed.
 
目次

 
キーワード
量子メモリ  

システム制御理論  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15K06151
研究分野 : 量子制御理論, 量子情報理論
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:17  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:17  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 なぜ日本ユニテリ... (492) 1st
2位 ネットワークにつ... (476)
3位 ドイツのSNS対策... (452)
4位 慶應義塾大学薬学... (426)
5位 新自由主義に抗す... (402)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (783) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (546)
3位 楽天とアマゾンの... (496)
4位 インフルエンサー... (482)
5位 独ソ不可侵条約と... (444)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース