慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN10079809-20190930-0061  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN10079809-20190930-0061.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.1 MB
Last updated :Jun 11, 2020
Downloads : 70

Total downloads since Jun 11, 2020 : 70
 
タイトル
タイトル グループ討議の音声デジタル化による学習評価実践  
カナ グループ トウギ ノ オンセイ デジタルカ ニ ヨル ガクシュウ ヒョウカ ジッセン  
ローマ字 Gurūpu tōgi no onsei dejitaruka ni yoru gakushū hyōka jissen  
別タイトル
名前 Learning evaluation by digitization of group discussion with voice recognition software  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 井上, 浩義  
カナ イノウエ, ヒロヨシ  
ローマ字 Inoue, Hiroyoshi  
所属 慶應義塾大学医学部化学教室  
所属(翻訳) Department of Chemistry, Keio University School of Medicine  
役割  
外部リンク  

名前 森嶋, 佳世  
カナ モリシマ, カヨ  
ローマ字 Morishima, Kayo  
所属 慶應義塾大学医学部化学教室  
所属(翻訳) Department of Chemistry, Keio University School of Medicine  
役割  
外部リンク  

名前   岩谷, 千穂  
カナ イワタニ, チホ  
ローマ字 Iwatani, Chiho  
所属 慶應義塾大学医学部化学教室  
所属(翻訳) Department of Chemistry, Keio University School of Medicine  
役割  
外部リンク  

名前   田中, 三佳   
カナ タナカ, ミカ  
ローマ字 Tanaka, Mika  
所属 慶應義塾大学医学部化学教室  
所属(翻訳) Department of Chemistry, Keio University School of Medicine  
役割  
外部リンク  

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ヒヨシ キヨウ カンコウ イインカイ  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku Hiyoshi kiyō kankō iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾大学日吉紀要. 自然科学  
翻訳 The Hiyoshi review of natural science  
 
66  
2019  
9  
開始ページ 61  
終了ページ 66  
ISSN
09117237  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Much can be achieved through group learning, including in science and mathematics education. In group work, the basic skills of members and the evaluation of group work are essential, as is a common understanding of members regarding the achievement of goals.
 For the former, research on problem-solving skills, teamwork building, and communication skills is always in progress. For the latter, the development of evaluation methods is ever evolving. In group discussions, for example, evaluations are made in the following way: (1) they are not performed in brainstorming processes, as there is an emphasis on quantity rather than quality in such discussions; (2) fishbowl style, students observe each other's groups, but the basic purpose of group work is the growth of their understanding, insights, and ability to objectively self-assess, etc.; and (3) in debates at the end of the discussion, neutral referees must judge who won or lost. It is important to evaluate group discussions clearly and objectively. For this reason, many have tried to take detailed minutes of group discussions. 
In this study, we tried instead to use voice recording and speech recognition software to record group discussions. It soon became clear that adopting this method resulted in an inexpensive and simple system. Unfortunately, this system was not integrated, and manual-trigger transmission was required, which required labor and time for analysis. In the future, we plan to devise an integrated system and make appropriate task decisions.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
教育
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jun 11, 2020 09:56:23  
作成日
Jun 11, 2020 09:56:23  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jun 11, 2020    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 日吉紀要 / 自然科学 / 66 (2019)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 人びとはどのよう... (888) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (356)
3位 記憶の社会学・序... (332)
4位 越境するファシズ... (331)
5位 伊藤隆太君学位請... (323)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Design and evalu... (3138) 1st
2位 The impact of se... (2247)
3位 Implementation a... (2236)
4位 Prevalence of TE... (2226)
5位 The development ... (2217)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース