慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234698-20100200-0029  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234698-20100200-0029.pdf
Type :application/pdf Download
Size :3.0 MB
Last updated :Jul 13, 2010
Downloads : 5291

Total downloads since Jul 13, 2010 : 5291
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 金融,資金過不足と国際収支  
カナ キンユウ, シキン カフソク ト コクサイ シュウシ  
ローマ字 Kinyu, shikin kafusoku to kokusai shushi  
別タイトル
名前 Cash flows, flow of funds and the balance of payments  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 深尾, 光洋  
カナ フカイ, ミツヒロ  
ローマ字 Fukao, Mitsuhiro  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学出版会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク シュッパンカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku shuppankai  
日付
出版年(from:yyyy) 2010  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田商学研究  
翻訳 Mita business review  
52  
6  
2010  
2  
開始ページ 29  
終了ページ 36  
ISSN
0544571X  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
国際収支と資金循環の関係を理解するうえでは,資金過不足の概念が決定的に重要である。従来の資金過不足の解説では,資金調達手段としての株式と負債の区分が不明確で理解しにくいものになっていた。また「所得」や「貯蓄」等の基本概念が明確に定義されていないことも多かった。本稿では,まず所得の概念を定義した上で,貯蓄概念の曖昧さを指摘し,資金過不足の概念のほうが明確に規定しやすいことを説明する。最後に,一国の各経済主体の資金過不足の合計が国際収支と密接に関係していることを解説する。
 
目次

 
キーワード
国際収支  

資金過不足  

所得  

投資  

貯蓄  
NDC
 
注記
論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 29, 2010 11:34:25  
作成日
Jun 28, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 13, 2010    フリーキーワード, 抄録, 版, 本文, キーワード を変更
Jul 13, 2010    フリーキーワード, インデックス, キーワード を変更
Jul 13, 2010    フリーキーワード, 抄録, キーワード を変更
Jul 13, 2010    フリーキーワード, キーワード を変更
Jul 29, 2010    フリーキーワード, インデックス, キーワード を変更
 
インデックス
/ Public / 商学部 / 三田商学研究 / 52 (2009) / 52(6) 201002
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (712) 1st
2位 出生率及び教育投... (456)
3位 新自由主義に抗す... (417)
4位 『うつほ物語』俊... (358)
5位 731部隊と細菌戦 ... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2451) 1st
2位 家族主義と個人主... (1800)
3位 731部隊と細菌戦 ... (726)
4位 新参ファンと古参... (440)
5位 日本における美容... (330)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース