慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234698-20070100-0133  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234698-20070100-0133.pdf
Type :application/pdf Download
Size :436.8 KB
Last updated :Apr 2, 2008
Downloads : 7222

Total downloads since Apr 2, 2008 : 7222
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 保険コストの社会化と保険原理  
カナ ホケン コスト ノ シャカイカ ト ホケン ゲンリ  
ローマ字 Hoken kosuto no shakaika to hoken genri  
別タイトル
名前 Socialization of insurance costs and insurance principles  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 堀田, 一吉  
カナ ホッタ, カズヨシ  
ローマ字 Hotta, Kazuyoshi  
所属 慶應義塾大学商学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学出版会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク シュッパンカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku shuppankai  
日付
出版年(from:yyyy) 2007  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田商学研究  
翻訳 Mita business review  
49  
6  
2007  
1  
開始ページ 133  
終了ページ 145  
ISSN
0544571X  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
保険制度は,保険コストを社会化することによって保険機能を維持してきたが,市場競争の導入により保険原理が強化され,保険コストの社会化の内容は,次第に変化しつつある。本来,保険原理は,競争原理と高い整合性を認められ,そこでは,内部補助が排除される一方で,保険機能を拡大するために,新たな「保険コストの社会化」を図ろうとする動きも見られる。こうした中で,保険自由化は,客観的な保険原理よりも,主観的な保険機能へウェイトを移行させると共に,保険選択の主導権を保険会社から保険契約者へ転換させている。相次ぐ新型保険の登場は,保険原理の概念の枠組みから越えて拡大しようとするものである。保険原理への一方的な接近は,セーフティネットとしての保険機能の低下をもたらすことから,社会全体における官民役割分担のあり方が問われている。同時に,保険学は,その独立性を維持するためには,保険理論と現実事象との整合性のある「保険の本質」を再確認すべき時期にある。
 
目次

 
キーワード
保険コストの社会化  

保険原理  

保険機能  

利用可能性  

セーフティネット  
NDC
 
注記
赤川元章教授退任記念号
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 02, 2008 09:00:00  
作成日
Apr 02, 2008 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 商学部 / 三田商学研究 / 49 (2006) / 49(6) 200701
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (549) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (454)
3位 新自由主義に抗す... (369)
4位 石垣島の「エコツ... (269)
5位 ガールクラッシュ... (263)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (765) 1st
2位 酢酸エステル類の... (541)
3位 アルコール発酵の... (499)
4位 インフルエンサー... (487)
5位 アーカイヴと思考... (412)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース