慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000132-0255  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000132-0255.pdf
Type :application/pdf Download
Size :8.3 MB
Last updated :Jun 13, 2014
Downloads : 2131

Total downloads since Jun 13, 2014 : 2131
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ニコラ・プッサンのスフィンクス : モーセ出生の物語をめぐって  
カナ ニコラ・プッサン ノ スフィンクス : モーセ シュッセイ ノ モノガタリ オ メグッテ  
ローマ字 Nikora Pussan no sufinkusu : Mose shussei no monogatari o megutte  
別タイトル
名前 Nicolas Poussin's sphinx : the story of the birth of Moses  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 望月, 典子  
カナ モチズキ, ノリコ  
ローマ字 Mochizuki, Noriko  
所属 慶應義塾大学非常勤講師  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
132  
2014  
3  
開始ページ 255  
終了ページ 280  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Nicolas Poussin, a French painter, was highly influential in the formation of French classicism in the arts. He spent most of his life in Rome, Italy, and from the 1640s, he produced works mainly aimed at amateurs in Paris. He left about 18 paintings focusing on the life of Moses as depicted in the Old Testament. Among these include The Finding of Moses, which he painted for the Parisian silk merchant Jean Pointel, and The Exposition of Moses, which he created for Jacques Stella, a French painter and old acquaintance. These works depict two episodes related to the birth of Moses as well as feature a sphinx as an attribute of the River God of the Nile. In these works, Poussin rendered two noticeably different types of sphinxes for each recipient. For Pointel, he concealed typological meanings in the Egyptian sphinx to embody prophesies from the Old Testament, whereas for Stella, he depicted the statue of a lion along with the statue of Moses in the fountain of the Acqua Felice( one of the aqueducts of Rome), in which he included syncretistic connotations while drawing on the works of Kircher. The relationship between providence of nature and fortune indicated in this particular work is a theme that Poussin dealt with through his so-called ideal landscape. Therefore, he sent this work to Stella, who understood his paintings more than anyone else, in order to receive critical appraisal.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
特集 : 論集 美学・芸術学 : 美・芸術・感性をめぐる知のスパイラル(旋回)
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jun 13, 2014 13:39:23  
作成日
Jun 13, 2014 13:39:23  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 132 (201403)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (422) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (420)
3位 ネットワークにつ... (406)
4位 実践的推論の合理... (403)
5位 攻撃衝動の体系的... (347)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1555) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (845)
3位 独ソ不可侵条約と... (633)
4位 ドイツのSNS対策... (584)
5位 アセトアニリドの... (497)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース