慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000128-0145  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000128-0145.pdf
Type :application/pdf Download
Size :761.8 KB
Last updated :Jul 3, 2012
Downloads : 8748

Total downloads since Jul 3, 2012 : 8748
 
タイトル
タイトル 戦後日本における<家族主義>批判の系譜 : 家族国家・マイホーム主義・近代家族  
カナ センゴ ニホン ニ オケル <カゾク シュギ> ヒハン ノ ケイフ : カゾク コッカ・マイホーム シュギ・キンダイ カゾク  
ローマ字 Sengo Nihon ni okeru <kazoku shugi> hihan no keifu : kazoku kokka maihomu shugi kindai kazoku  
別タイトル
名前 The genealogy of criticisms of familism: focusing on postwar Japanese family studies  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 阪井, 裕一郎  
カナ サカイ, ユウイチロウ  
ローマ字 Sakai, Yuichiro  
所属 明星大学人文学部非常勤講師  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 藤間, 公太  
カナ トウマ, コウタ  
ローマ字 Toma, Kota  
所属 慶應義塾大学大学院社会学研究科後期博士課程  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 本多, 真隆  
カナ ホンダ, マサタカ  
ローマ字 Honda, Masataka  
所属 慶應義塾大学大学院社会学研究科修士課程  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2012  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
128  
2012  
3  
開始ページ 145  
終了ページ 177  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
This paper addresses post war criticisms of familism discussion about "democratization of family" in directly after the end of war, criticism of "a home-and-family-centered way of life" since 1960s, and consideration about "modern family" since late 1980s   from a stand of sociology of knowledge. Familism in this paper implies that the value of "family" is prior to that of "individual", or that the former oppresses the later. Namely, this paper suggensts that post war criticisms of familism have problematized that "family" function to disturb "subjectivity" and "social solidarity" of "individual." So, this paper considers familism from focusing on "subjectivity" and "social solidarity." 
The theme of this paper is to reconfirm consistent "viewpoint" of post war criticisms of familism. Further, the aim of this paper is to find a focus of criticisms of familism and issues of sociology of family. Such project can be located as an effective method of clarifying how to overcome familism.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
特集 : 社会学 社会心理学 文化人類学
投稿論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 12, 2012 10:42:03  
作成日
Jul 02, 2012 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 12, 2012    コメント, タイトル, フリーキーワード, タイトル タイトル, タイトル カナ, タイトル ローマ字, 抄録 を変更
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 128 (201203)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (540) 1st
2位 組織市民行動が成... (375)
3位 もしも世界がみん... (334)
4位 ドイツのSNS対策... (315)
5位 ネットワークにつ... (270)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (688) 1st
2位 アセトアニリドの... (517)
3位 Instagram解析に... (501)
4位 日本市場における... (448)
5位 家族主義と個人主... (402)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース