慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000103-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000103-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :988.4 KB
Last updated :Oct 5, 2010
Downloads : 1136

Total downloads since Oct 5, 2010 : 1136
 
タイトル
タイトル 「感覚質」問題について : G.バシュラールの「現象工学」の観点から  
カナ 「カンカクシツ」 モンダイ ニ ツイテ : G. バシュラール ノ 「ゲンショウ コウガク」 ノ カンテン カラ  
ローマ字 "Kankakushitsu" mondai ni tsuite : G. Bashuraru no "gensho kogaku" no kanten kara  
別タイトル
名前 Of the problem of "Qualia" : from the viewpoint of Bachelardien "phenomenotechnique"  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 河野, 哲也  
カナ コウノ, テツヤ  
ローマ字 Kono, Tetsuya  
所属 防衛大学校人文科学教室  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 1998  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
103  
1998  
12  
開始ページ 1  
終了ページ 20  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
"Qualia" provides one of the most difficult questions for the philosophy of mind, since it seems impossible to explain how a phenomenal-sensible quality like color is produced from colorless electronic-chemical processes in a brain. The purpose of this paper is to propose a causal theory of qualia affirming that a qualia is causally produced by some brain state, and thereby "naturalize" qualia in a certain sense. In order to do that, we must, on one hand, eliminate any anthropomorphic implication from the concept of causality, and, on the other hand, abandon the classical concept of matter and substance to fill the conceptual gap between the mental and the physical. We first examine the concept of causality. We distinguish the ordinary concept of causality (1) and the logical concept of causality expressed by counter-factual conditional (2). We use the concept of causality only in a meaning (2), when we explain the relation between brain and qualia causally. We next interpret the philosophy of science of Gaston Bachelard in order to adopt his theory to the problem of qualia. He criticized the classical concept of matter or substance, and affirmed that far from being reducible to a single level, reality involves a hierarchy where lower level structures produce a quality in a higher level. We show that the same can be said about the relation between brain and qualia. Finally, we conclude that we can maintain a causal theory only if we use the logical concept of causality and reject the classical presupposition of substance.
 
目次
1. 「感覚質」という残された問題
2. 因果説の検討
3. バシュラールの現象工学
4. 感覚質と身体の現象工学
5. 結果と考察
 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 05, 2010 09:00:00  
作成日
Oct 05, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 103 (199812)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 記憶の社会学・序... (355) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (345)
3位 伊藤隆太君学位請... (345)
4位 越境するファシズ... (344)
5位 性犯罪の保護法益... (322)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (397) 1st
2位 新参ファンと古参... (383)
3位 アイドル文化にお... (328)
4位 Instagram解析に... (312)
5位 家族主義と個人主... (309)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース