慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000075-0019  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000075-0019.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.4 MB
Last updated :Sep 21, 2010
Downloads : 484

Total downloads since Sep 21, 2010 : 484
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 『自然学』A巻における生成の問題 : 質料概念の形成をめぐって  
カナ 『シゼンガク』 Aカン ニ オケル セイセイ ノ モンダイ : シツリョウ ガイネン ノ ケイセイ オ メグッテ  
ローマ字 "Shizengaku" Akan ni okeru seisei no mondai : shitsuryo gainen no keisei o megutte  
別タイトル
名前 The problem of change in Aristotle's physics, A : on the formation of the concept of matter  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 千葉, 恵  
カナ チバ, ケイ  
ローマ字 Chiba, Kei  
所属 慶應義塾大学大学院文学研究科哲学専攻博士課程  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 1982  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
75  
1982  
12  
開始ページ 19  
終了ページ 45  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
In the first book of Physics, which is said to belong to his early Academia period, Aristotle investigates the principles of change in general - matter, privation and form. The most important of his discoveries in that book is, it seems, the concept of matter analysed in terms of the underlying thing (substratum) of change; the thing underlying is the terminus a quo and the thing constituted is the terminus ad quem of change. The relation of both termini consists in the fact that matter is the proximate cause of the thing constituted, such as bronze becoming a statue and wood becoming a bed, so that an analogy is found in the relation between the matter qua terminus a quo and the thing constituted qua terminus ad quem as between bronze and statue, wood and bed, and so on. It follows that Aristotle devised at first the concept of matter in relation to the thing constituted, not in relation to the formal cause as seen in later writings, for matter is consistently. in Physics, A the proximate cause of the thing constituted, and not in such a way that prime matter is claimed to be the ultimate cause of all things as many commentators interpret the text.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2010 09:00:00  
作成日
Sep 21, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 75 (198200)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (504) 1st
2位 日韓会談と日韓国... (476)
3位 組織市民行動が成... (343)
4位 もしも世界がみん... (320)
5位 ドイツのSNS対策... (313)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (615) 1st
2位 アセトアニリドの... (584)
3位 Instagram解析に... (501)
4位 家族主義と個人主... (482)
5位 刑法における因果... (463)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース