慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00135710-00610001-0008  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00135710-00610001-0008.pdf
Type :application/pdf Download
Size :779.5 KB
Last updated :Mar 7, 2022
Downloads : 167

Total downloads since Mar 7, 2022 : 167
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 世界トップレベル・バドミントンの試合分析 : 男子ダブルスと混合ダブルスについて  
カナ セカイ トップ レベル・バドミントン ノ シアイ ブンセキ : ダンシ ダブルス ト コンゴウ ダブルス ニ ツイテ  
ローマ字 Sekai toppu reberu badominton no shiai bunseki : danshi daburusu to kongō daburusu ni tsuite  
別タイトル
名前 Competition analysis of the world's top-level badminton : men's doubles and mixed doubles  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 加藤, 幸司  
カナ カトウ, コウジ  
ローマ字 Katō, Kōji  
所属 慶應義塾大学体育研究所准教授  
所属(翻訳) Associate professor, Institute of Physical Education, Keio University  
役割  
外部リンク  
 
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学体育研究所  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク タイイク ケンキュウジョ  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku taiiku kenkyūjo  
日付
出版年(from:yyyy) 2022  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 体育研究所紀要  
翻訳 Bulletin of the Institute of Physical Education, Keio University  
61  
1  
2022  
 
開始ページ 8  
終了ページ 14  
ISSN
02866951  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The purpose of this study was to investigate and compare the temporal and notational structures of the world's top-level men's doubles and mixed doubles games in badminton doubles events and obtain basic information for coaches and players in order to set up specific badminton training drills. Thirty-two matches of each event (n= 64) were selected from the top categories of BWF World Tour tournaments held from 2018 to 2020, BWF World Tour Finals, and BWF World Championships and analyzed. Total rest time (MD : 1584.5 ± 448.7 s vs . XD : 1941.1 ± 510.0 s ; p< 0.05) and average rest time (MD : 19.3 ± 3.6 s vs . XD : 23.2 ± 2.7 s ; p< 0.05) were significantly lower in men's doubles than in mixed doubles. Percentage of time played (MD : 26.6 ± 3.4% vs . XD : 24.4 ± 3.4% ; p< 0.05) and work density (MD : 0.36 ± 0.06 vs . XD : 0.32 ± 0.06 ; p < 0.05) were significantly higher in the men's doubles. Shot frequency showed a significantly higher value in the men's doubles event (MD : 1.42 ± 0.06 vs . XD : 1.37 ± 0.11 ; p < 0.05) . No differences between events were found in total rally time, average rally time, total played points, total shots or shots per rally. In conclusion, comparing the men's doubles and the mixed doubles, we found that the temporal and notational structures of these events differ. The significant differences in the data observed between events may be used to help coaches and players effectively and efficiently manage training and competition preparation in line with current badminton events characteristics.
 
目次

 
キーワード
バドミントン  

試合分析  

男子ダブルス  

混合ダブルス  

top-level badminton  

competition analysis  

men's doubles  

mixed doubles  
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 07, 2022 13:02:01  
作成日
Mar 07, 2022 13:02:01  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 7, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 体育研究所 / 体育研究所紀要 / 61(1) (2022)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (468) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (393)
3位 新自由主義に抗す... (379)
4位 ドイツのSNS対策... (376)
5位 攻撃衝動の体系的... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (805) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (632)
3位 ドイツのSNS対策... (595)
4位 なぜ日本ユニテリ... (594)
5位 アセトアニリドの... (448)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース