慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN0006957X-00000078-0047  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN0006957X-00000078-0047.pdf
Type :application/pdf Download
Size :551.2 KB
Last updated :Aug 3, 2018
Downloads : 2923

Total downloads since Aug 3, 2018 : 2923
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 「和harmony」としての夫婦間情緒 : 1890~1920 年代における「夫婦相和シ」の解釈とその論理構成  
カナ 「ワharmony」 トシテ ノ フウフカン ジョウチョ : 1890 - 1920ネンダイ ニ オケル 「フウフ アイワシ」 ノ カイシャク ト ソノ ロンリ コウセイ  
ローマ字 "Wa harmony" toshite no fufukan jocho : 1890 - 1920nendai ni okeru "fufu aiwashi" no kaishaku to sono ronri kosei  
別タイトル
名前 Harmony as an emotional relationship between couples: an interpretation and logical organization of the edict "husbands and wives be harmonious" from 1890 to 1920  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 本多, 真隆  
カナ ホンダ, マサタカ  
ローマ字 Honda, Masataka  
所属 慶應義塾大学大学院社会学研究科社会学専攻後期博士課程3年; 日本学術振興会  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学大学院社会学研究科  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ダイガクイン シャカイガク ケンキュウカ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku daigakuin shakaigaku kenkyuka  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要 : 社会学心理学教育学 : 人間と社会の探究  
翻訳 Studies in sociology, psychology and education : inquiries into humans and societies  
 
78  
2014  
 
開始ページ 47  
終了ページ 62  
ISSN
0912456X  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The term "Wa" was frequently used to describe the emotional relations within the family during the pre-war period; however, little attention has been paid to the relevance of this term until recently. In this study, we discuss the criteria for emotional relationships between couples in modern Japanese society through an analysis of the language space formed by the edict "husbands and wives be harmonious" from the Imperial Rescript on Education. Our analysis revealed that (1) the authority–obedience relations remained within what the interpreter regarded as proper bounds; (2) the virtue of harmony was interpreted in various ways; and (3) it was considered a relationship that may be damaged by too much emotional arousal. In the conclusion, we critically analyze the traditional framework of thinking that unequivocally defines love, marriage, and relationships between couples.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 03, 2018 15:10:36  
作成日
Jan 22, 2015 12:33:23  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Aug 3, 2018    著者 著者ID を変更
 
インデックス
/ Public / 社会学研究科 / 慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要 / 78 (2014)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (488) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (441)
3位 新自由主義に抗す... (365)
4位 ガールクラッシュ... (276)
5位 石垣島の「エコツ... (264)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (764) 1st
2位 酢酸エステル類の... (592)
3位 インフルエンサー... (527)
4位 アルコール発酵の... (502)
5位 アーカイヴと思考... (460)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース