慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00069467-00000050-0091  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00069467-00000050-0091.pdf
Type :application/pdf Download
Size :966.9 KB
Last updated :Jul 12, 2019
Downloads : 302

Total downloads since Jul 12, 2019 : 302
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル De qualitate generalized  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 Tancredi, Christopher  
カナ タンクレディ, クリストファー  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学言語文化研究所  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ゲンゴ ブンカ ケンキュウジョ  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku gengo bunka kenkyūjo  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾大学言語文化研究所紀要  
翻訳 Reports of the Keio Institute of Cultural and Linguistic Studies  
 
50  
2019  
3  
開始ページ 91  
終了ページ 154  
ISSN
03873013  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
In this paper I argue for a new analysis of belief statements in which the complement clause denotes not the putative content of a person’s beliefs but a proposition that can be inferred from that content. The notion of inference that makes this analysis possible operates within a world rather than across worlds, setting it apart from the possible worlds analysis of entailment. Our analysis unifies standard de dicto, de re and de qualitate attributions while also distinguishing among beliefs in different necessities or impossibilities and accounting for possible and impossible inferences that can be drawn from such beliefs. I accept that belief statements are systematically ambiguous, but the only ambiguity unique to attitude attributions I take to be the de translato/non-de translato ambiguity argued for by Tancredi and Sharvit (forthcoming) : the embedded clause can be interpreted as the attributor takes the subject to interpret it (de translato) or as the attributor herself interprets it (non-de translato). I show how our analysis leads to the dissolution of Kripke’s puzzle about belief while making it possible to reject Putnam’s and Burge’s claims that beliefs are not in the head.
 
目次

 
キーワード
belief  

attitude  

attribution  

inference  

de dicto  

de re  

de qualitate  

de translato  
NDC
 
注記
論文
 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 12, 2019 15:33:24  
作成日
Jul 12, 2019 15:33:24  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 12, 2019    インデックス を変更
Jul 16, 2019    インデックス を変更
Jul 16, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 言語文化研究所 / 慶應義塾大学言語文化研究所紀要 / 50 (201903)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (333) 1st
2位 DAOの法的地位と... (260)
3位 個人・組織両面で... (247)
4位 新自由主義に抗す... (240)
5位 「余白的コミュニ... (240)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3880) 1st
2位 なぜ神が存在する... (706)
3位 気象変化による片... (594)
4位 サイバーセキュリ... (499)
5位 江藤名保子君学位... (382)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース