慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00069467-00000050-0063  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00069467-00000050-0063.pdf
Type :application/pdf Download
Size :922.7 KB
Last updated :Jul 12, 2019
Downloads : 274

Total downloads since Jul 12, 2019 : 274
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル Acquisition of the takete-maluma effect by Japanese speakers  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 川原, 繁人  
カナ カワハラ, シゲト  
ローマ字 Kawahara, Shigeto  
所属 慶應義塾大学文化言語研究所  
所属(翻訳) The Institute of Cultural and Linguistic Studies, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 磯部, 美和  
カナ イソベ, ミワ  
ローマ字 Isobe, Miwa  
所属 東京藝術大学言語・音声トレーニングセンター  
所属(翻訳) Training Center for Foreign Languages and Diction, Tokyo University of the Arts  
役割  
外部リンク  

名前 小林, ゆきの  
カナ コバヤシ, ユキノ  
ローマ字 Kobayashi, Yukino  
所属 筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター  
所属(翻訳) Research and Support Center on Higher Education for the Hearing and Visually Impaired, Tsukuba University of Technology  
役割  
外部リンク  

名前 桃生, 朋子  
カナ モノウ, トモコ  
ローマ字 Monō, Tomoko  
所属 目白大学外国語学部; 国際基督教大学  
所属(翻訳) Faculty of Foreign Studies, Mejiro University & International Christian University  
役割  
外部リンク  

名前 岡部, 玲子  
カナ オカベ, レイコ  
ローマ字 Okabe, Reiko  
所属 専修大学文学部  
所属(翻訳) School of Letters, Senshu University  
役割  
外部リンク  

名前 皆川, 泰代  
カナ ミナガワ, ヤスヨ  
ローマ字 Minagawa, Yasuyo  
所属 慶應義塾大学文学部  
所属(翻訳) Faculty of Letters, Keio University  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学言語文化研究所  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ゲンゴ ブンカ ケンキュウジョ  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku gengo bunka kenkyūjo  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾大学言語文化研究所紀要  
翻訳 Reports of the Keio Institute of Cultural and Linguistic Studies  
 
50  
2019  
3  
開始ページ 63  
終了ページ 78  
ISSN
03873013  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
This paper reports on an experiment which tested how sound symbolic knowledge is acquired by Japanese children. The empirical focus is associations between certain types of sounds and certain types of shapes. Köhler’s (1947) classic study has revealed that the nonce word takete is more likely to be associated with angular shapes, hereas the nonce word maluma is more likely to be associated with round shapes. Later studies generalized this finding in such a way that obstruents are associated with angular shapes, whereas sonorants are associated with round shapes. It remains to be examined, however, how the knowledge of these sound symbolic associations is acquired. The present study thus employs the preferential looking paradigm using eye-tracking technology to examine how the knowledge of these sound symbolic  associations is acquired by Japanese speakers. The results show that the sound-symbolic associations at issue hold not only among adult Japanese speakers, but also among 6-year-old children who have not attended elementary school, and even more strikingly, among 2/3-year-old children.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
論文
 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 12, 2019 15:46:17  
作成日
Jul 12, 2019 15:33:24  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 12, 2019    インデックス を変更
Jul 12, 2019    版,出版地 場所,出版者 名前,出版者 カナ,出版者 ローマ字,日付 出版年(from:yyyy),日付 出版年(to:yyyy),日付 作成日(yyyy-mm-dd),日付 更新日(yyyy-mm-dd),日付 記録日(yyyy-mm-dd),形態,上位タイトル 名前,上位タイトル 翻訳,上位タイトル 巻,上位タイトル 号,上位タイトル 年,上位タイトル 月,上位タイトル 開始ページ,上位タイトル 終了ページ,ISSN,ISBN,DOI,URI,JaLCDOI,NII論文ID,医中誌ID,その他ID,博士論文情報 学位授与番号,博士論文情報 学位授与年月日,博士論文情報 学位名,博士論文情報 学位授与機関,抄録 内容,目次,キーワード,NDC,注記,言語,資源タイプ,ジャンル,著者版フラグ を変更
Jul 12, 2019    上位タイトル 翻訳 を変更
Jul 12, 2019    ISSN を変更
Jul 16, 2019    インデックス を変更
Jul 16, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 言語文化研究所 / 慶應義塾大学言語文化研究所紀要 / 50 (201903)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 J.S. ミルの社会... (296) 1st
2位 新自由主義に抗す... (272)
3位 DAOの法的地位と... (209)
4位 個人・組織両面で... (206)
5位 「余白的コミュニ... (194)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 戦時期マラヤ・シ... (541) 1st
2位 Le nô Kinuta, l... (423)
3位 ビルマ戦線と憲兵... (356)
4位 人と違っててもい... (283)
5位 新自由主義に抗す... (264)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース