慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AA12043414-20220000-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AA12043414-20220000-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :831.6 KB
Last updated :Oct 2, 2023
Downloads : 89

Total downloads since Oct 2, 2023 : 89
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 言語ナショナリズムと言語教育の拮抗 : 植民地解放後の朝鮮における朝鮮語教育論を中心に  
カナ ゲンゴ ナショナリズム ト ゲンゴ キョウイク ノ キッコウ : ショクミンチ カイホウゴ ノ チョウセン ニ オケル チョウセンゴ キョウイクロン オ チュウシン ニ  
ローマ字 Gengo nashonarizumu to gengo kyōiku no kikkō : shokuminchi kaihōgo no Chōsen ni okeru Chōsengo kyōikuron o chūshin ni  
別タイトル
名前 The antagonistic relationship between linguistic nationalism and language education : focusing on the discourse of Korean language education in post-liberation Korea  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 金, 景彩  
カナ キム, キョンチェ  
ローマ字 Kim, Kyongche  
所属 慶應義塾大学外国語教育研究センター助教 (有期)  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学外国語教育研究センター  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ガイコクゴ キョウイク ケンキュウ センター  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku gaikokugo kyōiku kenkyū sentā  
日付
出版年(from:yyyy) 2023  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾外国語教育研究  
翻訳 Journal of foreign language education  
19  
 
2022  
 
開始ページ 1  
終了ページ 21  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
This study analyzes the meaning of Linguistic Nationalism in Korea after colonial liberation (August 15, 1945). It focuses on the rules of Korean orthography and examines the state of national language (Korean) education during that period. The issue of orthography was deeply connected to the memory of colonial Korea, and it was central to the linguistic nationalism that identified the Korean language with the Korean ethnicity. This is because orthography in the colonies was a base for countering so-called linguistic imperialism, a language policy based on phonocentrism that nullified diverse identities within the empire, and for preserving unassimilable territories within the empire. The Joseon language society's "Proposal for the Unification of Korean Orthography" (1933) opposed imperialist phoneticism with morphological orthographic norms. These were inherited as "national" orthographic norms after the liberation of Korea. However, the post-liberation linguistic nationalism that was formed around the Joseon language society's orthographic norms were criticized in the field of national language education. This is because the character-centered teaching of the Korean language based on teaching spelling made students lose interest in the language. Furthermore, it functioned as a mechanism to suppress the various linguistic experiences that existed in the form of "voice." Teachers involved in the teaching of Korean as a national language endeavored to overcome this situation by shifting the focus of language education from the written to the vocal, or voice-centered, and emphasized the concept of kuk-min (nation, 国民) as an alternative to min-jok (ethnicity, 民族). While maintaining a tense relationship with ethnic linguistic nationalism, Japanese language education was a place where another form of nationalism was proposed.
 
目次

 
キーワード
言語ナショナリズム  

朝鮮語教育  

ハングル綴字法  

朝鮮解放  

植民地経験  
NDC
 
注記
研究論文
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 02, 2023 09:38:50  
作成日
Oct 02, 2023 09:38:50  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 2, 2023    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 外国語教育研究センター / 慶應義塾外国語教育研究 / 19 (2022)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (659) 1st
2位 新自由主義に抗す... (400)
3位 731部隊と細菌戦 ... (270)
4位 斎藤隆夫の「粛軍... (218)
5位 認知文法から考え... (173)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (697) 1st
2位 新参ファンと古参... (442)
3位 日本における美容... (308)
4位 731部隊による細... (293)
5位 インフルエンサー... (280)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース