慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AA12043414-20210000-0019  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AA12043414-20210000-0019.pdf
Type :application/pdf Download
Size :3.2 MB
Last updated :Oct 3, 2022
Downloads : 446

Total downloads since Oct 3, 2022 : 446
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 多様な"中国語"を受容可能にする授業へ : ドイツの大学における中国語教育の事例から  
カナ タヨウナ "チュウゴクゴ" オ ジュヨウ カノウ ニ スル ジュギョウ エ : ドイツ ノ ダイガク ニ オケル チュウゴクゴ キョウイク ノ ジレイ カラ  
ローマ字 Tayōna "Chūgokugo" o juyō kanō ni suru jugyō e : Doitsu no daigaku ni okeru Chūgokugo kyōiku no jirei kara  
別タイトル
名前 Methods of improving acceptance among learners of the diversity of Chinese language variants : a case study of Chinese language teaching at German universities  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 山下, 一夫  
カナ ヤマシタ, カズオ  
ローマ字 Yamashita, Kazuo  
所属 慶應義塾大学理工学部教授  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 吉川, 龍生  
カナ ヨシカワ, タツオ  
ローマ字 Yoshikawa, Tatsuo  
所属 慶應義塾大学経済学部教授  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学外国語教育研究センター  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ガイコクゴ キョウイク ケンキュウ センター  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku gaikokugo kyōiku kenkyū sentā  
日付
出版年(from:yyyy) 2022  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾外国語教育研究  
翻訳 Journal of foreign language education  
18  
 
2021  
 
開始ページ 19  
終了ページ 39  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
In many German universities, Taiwanese professors and lecturers teach the Chinese language. This is partly because many German universities have accepted Taiwanese lecturers dispatched by the ROC (Republic of China) government's Chinese language teacher dispatch program, which has served as an extension of the strong links between West Germany and the ROC that existed during the Cold War. These teachers have received special training in Taiwan which allows them to teach standardized Chinese Mandarin.
At the same time, however, they do not hesitate to teach Taiwanese-specific vocabulary and pronunciation in intermediate- and higher-level Chinese classes. For many years, these teachers have been using online tools in their classes, and once the COVID-19 pandemic led to fully online learning, they moved to further develop various remote teaching methods. These methods will likely remain in use even after the pandemic is over.
Students in Japan should also be taught a diverse range of Chinese language variants spoken in different regions, harnessing Chinese language education in Germany as a reference. Using online tools is an effective method of promoting this goal.
 
目次

 
キーワード
中国語  

多様性  

オンライン授業  

反転授業  

コンピテンシー・ベース  
NDC
 
注記
研究論文
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 03, 2022 15:48:48  
作成日
Oct 03, 2022 15:43:45  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 3, 2022    インデックス を変更
Oct 3, 2022    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録 内容 を変更
 
インデックス
/ Public / 外国語教育研究センター / 慶應義塾外国語教育研究 / 18 (2021)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (1004) 1st
2位 「危険の予見可能... (659)
3位 731部隊と細菌戦 ... (383)
4位 新自由主義に抗す... (370)
5位 ガールクラッシュ... (358)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (975) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (765)
3位 酢酸エステル類の... (691)
4位 慶應義塾大学日吉... (637)
5位 渋沢栄一と朝鮮 :... (575)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース