慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AA12043414-20160000-0107  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AA12043414-20160000-0107.pdf
Type :application/pdf Download
Size :736.6 KB
Last updated :Aug 2, 2019
Downloads : 1166

Total downloads since Aug 2, 2019 : 1166
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル Motivation of Japanese elementary school EFL learners illuminated through the Test of English as a Foreign Language (TOEFL)  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前 実験授業報告『TOEFLを通して照らし出される日本人小学生の英語学習動機』  
カナ ジッケン ジュギョウ ホウコク 『TOEFL オ トオシテ テラシダサレル ニホンジン ショウガクセイ ノ エイゴ ガクシュウ ドウキ』  
ローマ字 Jikken jugyo hokoku "TOEFL o toshite terashidasareru Nihonjin shogakusei no eigo gakushu doki"  
著者
名前 伊藤, 扇  
カナ イトウ, オウギ  
ローマ字 Ito, Ogi  
所属 慶應義塾幼稚舎教諭  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学外国語教育研究センター  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ガイコクゴ キョウイク ケンキュウ センター  
ローマ字 Keio gijuku daigaku gaikokugo kyoiku kenkyu senta  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾外国語教育研究  
翻訳 Journal of foreign language education  
13  
 
2016  
 
開始ページ 107  
終了ページ 134  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
This article reports on the practice of an English Language Teaching (ELT) experiment at an elementary school in Japan, employing an international standardized test as a stimulator in a private school context. The introduction of assessment tasks and the implementation of the Test of English as a Foreign Language (TOEFL) Primary towards 11 to 12-year-old students revealed a strong learning motivation of young learners and their enthusiasm for the practical use of the foreign language. Although the discussion has been continuing about whether or not English language should be taught at an earlier age, the field of Teaching English to Young Learners (TEYL) is increasingly expanding, and the government policy has set the directions of elementary school English to be started at a lower grade. This article illustrates the impact of assessment opportunities and highlights the motivation of Japanese EFL (English as a Foreign Language) learners. The power of social values, including family influence, is observed and the experimental classes exhibit the strong desires of Japanese young learners to communicate in English however limited their abilities may be. The results could potentially contribute to the development of TEYL in Japan and suggest the need for further longitudinal research into motivational transition from elementary to secondary school English education.
 
目次

 
キーワード
児童英語教育(TEYL)  

学習動機  

小学校英語教育  

EFL(外国語としての英語)学習者  

TOEFL(外国語としての英語能力試験)  
NDC
 
注記
調査・実践報告
 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 02, 2019 16:08:36  
作成日
Mar 13, 2017 09:14:46  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Aug 2, 2019    著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 外国語教育研究センター / 慶應義塾外国語教育研究 / 13 (2016)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (659) 1st
2位 新自由主義に抗す... (400)
3位 731部隊と細菌戦 ... (270)
4位 斎藤隆夫の「粛軍... (218)
5位 認知文法から考え... (173)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (697) 1st
2位 新参ファンと古参... (442)
3位 日本における美容... (308)
4位 731部隊による細... (293)
5位 インフルエンサー... (280)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース