慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AA11358103-20180707-0003  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AA11358103-20180707-0003.pdf
Type :application/pdf Download
Size :766.0 KB
Last updated :Feb 8, 2019
Downloads : 898

Total downloads since Feb 8, 2019 : 898
 
タイトル
タイトル 生存者が体験を語る意味 : 長崎被爆者とのライフストーリー・インタビューから  
カナ セイゾンシャ ガ タイケン オ カタル イミ : ナガサキ ヒバクシャ トノ ライフ ストーリー・インタビュー カラ  
ローマ字 Seizonsha ga taiken o kataru imi : Nagasaki hibakusha tono raifu sutōrī intabyū kara  
別タイトル
名前 The meaning of survivor's telling their life experience : on life story interview with "Hibakusha" in Nagasaki  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 高山, 真  
カナ タカヤマ, マコト  
ローマ字 Takayama, Makoto  
所属 慶應義塾大学文学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田社会学会  
カナ ミタ シャカイ ガッカイ  
ローマ字 Mita shakai gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田社会学  
翻訳 Mita journal of sociology  
 
23  
2018  
7  
開始ページ 3  
終了ページ 20  
ISSN
13491458  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録

 
目次
1. 問題の所在
2. 罪意識の同心円という視点
3. 質的調査における観察と記述の問題
4. 被爆者調査の経験を観察する
5. 語りえなさを言語化する方途
6. 歴史意識と自己認識
7. 聞くという経験の語り
8. 結びにかえて
 
キーワード
 
NDC
 
注記
特集 : サバイバーの社会学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 08, 2019 17:10:06  
作成日
Feb 08, 2019 17:10:06  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 8, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [社会学] 三田社会学 / 23 (2018)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (537) 1st
2位 組織市民行動が成... (378)
3位 もしも世界がみん... (344)
4位 ドイツのSNS対策... (317)
5位 ネットワークにつ... (272)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (685) 1st
2位 Instagram解析に... (506)
3位 アセトアニリドの... (491)
4位 日本市場における... (413)
5位 家族主義と個人主... (401)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース