慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AA10715861-00000173-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AA10715861-00000173-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.8 MB
Last updated :Nov 16, 2022
Downloads : 11

Total downloads since Nov 16, 2022 : 11
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 入札データに基づく公共土木産出価格の測定 : 1989–2021年  
カナ ニュウサツ データ ニ モトズク コウキョウ ドボク サンシュツ カカク ノ ソクテイ : 1989–2021ネン  
ローマ字 Nyūsatsu dēta ni motozuku kōkyō doboku sanshutsu kakaku no sokutei : 1989–2021nen  
別タイトル
名前 Measuring public civil engineering output prices based on bidding data in Japan, 1989–2021  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 野村, 浩二  
カナ ノムラ, コウジ  
ローマ字 Nomura, Koji  
所属 慶應義塾大学産業研究所教授  
所属(翻訳) Professor, Keio Economic Observatory, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 稲場, 翔  
カナ イナバ, ショウ  
ローマ字 Inaba, Sho  
所属 慶應義塾大学産業研究所研修生  
所属(翻訳) Research assistant, Keio Economic Observatory, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
Tokyo  
出版者
名前 Keio Economic Observatory Sangyo Kenkyujo  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2022  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
34 p.  
上位タイトル
名前 KEO discussion paper  
翻訳  
 
173  
2022  
10  
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本稿は、競争入札制度の導入時からの評価として、1989年から2021年にわたる入札データを用いて進捗ベースによる月次落札率(落札価格/予定価格)を構築し、現行の国民経済計算において公共土木産出額の実質化に利用されている投入コスト型の産出価格を調整することを目的としている。公共土木全体の産出価格として、投入法による現行の年次価格指数(「建設工事費デフレーター」)は本稿での全測定期間を通じて36.3%の上昇となるが、落札率を調整した産出価格では同期間に26.9%の上昇に留まり、入札制度の導入による競争促進は長期的には価格低下に貢献してきたことが示される。とくに2005年末の「脱談合宣言」以降の価格競争激化による影響は顕著であり、投入法による価格指数の過大評価は実質産出の測定に大きなバイアスをもたらしている。本稿で推計された落札率調整済み価格指数を基準とすれば、公共土木全体の実質純資本ストックの現行推計値は2020年末に3.5%(名目値では19.0兆円)ほど過小であると評価される。
This paper develops the monthly estimates on the successful bid rate based on the Japanese bidding data from 1989, when the competitive bidding system was introduced, to 2021. Using these estimates, we evaluate revisions to the input-cost-type output price used in the Japanese system of national accounts. As for the annual price index for public civil enginerring as a whole, the growth of the current price index based on the input method ("Construction Cost Deflators") has increased by 36.3% over the entire measurement period of this paper (33 years), while the growth of price index adjusted for bidding rate is 26.9%. It suggests that the promotion of competition through the introduction of the bidding system contributed to Japan's long-term decline in the prices of public civil engineering. In particular, the deviation has become larger due to the impact of intensified price competition since the mid-2000s. Based on the adjusted price index measured in this paper, the current estimate of real net capital stock of the entire public civil engineering is assessed to be underestimated by 3.5% (19.0 trillion yen at the current price) as of the end of 2020.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Technical Report  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 16, 2022 10:52:06  
作成日
Nov 16, 2022 10:52:06  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 産業研究所 / KEO discussion paper / 101-149, 152, 155-156, 158-162, 164-168, 170, 173
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日豪「ミドルパワ... (928) 1st
2位 新自由主義に抗す... (713)
3位 グラウンデッド・... (513)
4位 ドイツのSNS対策... (508)
5位 なぜ日本ユニテリ... (491)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 新たなかたちのひ... (2013) 1st
2位 Linguistic encod... (1971)
3位 ゲームキャラクタ... (1396)
4位 商号変更が株価に... (1199)
5位 食品製造における... (813)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース