慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2021000003-20210027  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2021000003-20210027.pdf
Type :application/pdf Download
Size :121.3 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 22

Total downloads since Feb 16, 2024 : 22
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル イスラーム中世自然哲学におけるオカルト的要素の思想史的研究 : 照明学派を中心に  
カナ イスラーム チュウセイ シゼン テツガク ニ オケル オカルトテキ ヨウソ ノ シソウシテキ ケンキュウ : ショウメイ ガクハ オ チュウシン ニ  
ローマ字 Isurāmu chūsei shizen tetsugaku ni okeru okarutoteki yōso no shisōshiteki kenkyū : shōmei gakuha o chūshin ni  
別タイトル
名前 A study of intellectual history of the elements of occultism in philosophy of nature in medieval Islam with special reference to illuminationist school  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 野元, 晋  
カナ ノモト, シン  
ローマ字 Nomoto, Shin  
所属 慶應義塾大学言語文化研究所教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2022  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2021  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究においてはCOVID-19の感染拡大によって海外調査の実施が困難となった。そのため2021年度はSuhrawardī (1154-1191)とその学派(照明学派)を中世イスラーム思想史の中に定位する準備のために、その時代的な前後と関連の諸思想の基礎文献の収集と先行研究の整理を行った。そこから今後のさらなる研究の方向が見えてきた。第一にŁukasz Piątak氏がPh.D.論文(ワルシャワ大学 2018)においてSuhrawardīによる『諸霊感と聖化』などのオカルト的諸小著作が校訂したことがわかった。それらのオカルト的諸著作を彼の『照明の哲学』をはじめとする諸著作と比較し、かつそれらのオカルト思想関連の術語や概念をShahrazurī (1288歿)とQuṭb al-Dīn Shīrazī (1236-1311)などの照明学派の諸著作の中で比較し、後代の哲学的伝統の中での展開を考察することである。また第二の視点としては9世紀以降にオカルト諸学の諸分野(錬金術、魔術、占星術)は哲学的自然研究とイスラーム教理の諸分野との関連を作り上げたと考えられることがある。そのような傾向はSuhrawardī とその学派の中でどれほど影響があったか(Suhrawardī についてはPiątak氏を参照)、オカルト諸学の各分野について、彼以後の展開に加えて、以前の思想潮流からも照らして見ていく必要がある。例えば10世紀イラクのシーア派的哲学結社「純粋兄弟会」は、占星術論文において当時の天文学による数万年以上に及ぶ長大な時間論と、イスラーム的な預言的歴史観の間を調停しようとした。この視点を持ってSuhrawardī とその学派には、G. de Callataÿも指摘している「純粋兄弟会」に見られたオカルト諸学と自然研究、預言的歴史観というイスラームの教理の調停の試みは、諸預言者が登場する歴史論、さらにはメシア思想及び預言論との関連でシーア派イマーム論などの政治思想にも及んだか、今後研究の中で検証していくことが今後の課題といえよう。
This research project faced a serious difficulty in conducting of archival works in the libraries and archives in foreign countries because of the still ongoing pandemic of COVID-19. Therefore in the year 2021 as a preparation for intellectual historical study of the thought of philosophy of Nature and occult sciences of Suhrawardī (1154-1191) and his Illuminationist school the work of this research focused on the collecting of primary source materials (in philosophy, occult sciences and other related branches of Islamic thought) from the ages before and after Suhrawardī and close examination of modern studies of the subject of the research. This work recognized the significance of the edition and presentation conducted by Łukasz Piątak of Suhrawardī's occult works such as "Al-Wāridāt wa'l-Taqdīsāt" in his Ph. D. Dissertation (University of Warsaw, 2018). The work by Piątak and the occult works edited by him suggests the need to compare the contents of those texts with Suhrawardī's other works, especially his "Illuminationist" philosophical opus-magnum "Ḥikmat al-Ishrāq" and to examine how his occult terms and concepts in his works are analyzed and discussed in the commentaries and other works in his Illuminationist school represented by Shahrazurī (d. 1288) and Quṭb al-Dīn Shīrazī (1236-1311) and further later philosophical traditions. Also the examination of the works of occult sciences before Suhrawardī suggests us that the texts of the genre in its various disciplines (for example, astrology, alchemy, magic, etc.) since the 9th century tended to form the connection of philosophical natural sciences, occult sciences and Islamic doctrines. This suggestion led us to the following questions: How did this tendency of the formation of the connection as such influence the Illuminationist tradition?; and to which branch of the Islamic doctrines did this connection reach? As a next phase of our research in the future, from the branches of doctrines, we will examine the possibility of the connections of some of Islamic doctrines in general, and the doctrine of the history of prophets in particular, to philosophy of nature and disciplines of occult sciences in the Illuminationst school. We propose this examination because this connection is confirmed in a treatise on astrology by an influential 10th century Shī'ī group of philosophical study, the "Brethren of Purity" in Iraq which connects (as pointed out by G. de Callataÿ) the Aristotelian astronomy, historical/Political astrology, and the doctrine of history of the prophets. Also it is proposed to examine whether in Illuminationist school this connection is extended to Shī'ī Messianism and political theory of the Imamate which are closely related to the doctrine of the history of the prophets in Shī'ī and Shī'ī influenced inttelctual contexts.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 14:10:46  
作成日
Feb 16, 2024 14:10:46  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2021年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1615) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (710)
3位 Bidet toilet use... (520)
4位 731部隊と細菌戦 ... (500)
5位 新自由主義に抗す... (384)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1036) 1st
2位 インフルエンサー... (505)
3位 石垣島の「エコツ... (427)
4位 酢酸エステル類の... (402)
5位 興味が引き起こさ... (401)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース