慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2020000010-20200012  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2020000010-20200012.pdf
Type :application/pdf Download
Size :133.4 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 61

Total downloads since Feb 16, 2024 : 61
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 脳の肥大化機構の解明  
カナ ノウ ノ ヒダイカ キコウ ノ カイメイ  
ローマ字 Nō no hidaika kikō no kaimei  
別タイトル
名前 Mechanisms of brain enlargement  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 仲嶋, 一範  
カナ ナカジマ, カズノリ  
ローマ字 Nakajima, Kazunori  
所属 慶應義塾大学医学部基礎教室教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
哺乳類大脳皮質神経細胞は脳室に面した脳室帯、もしくはそれと隣接する脳室下帯で産生される。進化過程でヒトが巨大脳を獲得した主要な要因の一つは脳室下帯で分裂する神経幹細胞の増加であると考えられている。本研究課題ではその分子メカニズムの解明を目標として、その責任遺伝子の候補としてJA1を同定し、ヒト進化過程でJA1の発現強度が増強したことが、脳室帯からの脳室下帯神経幹細胞の産生増加をもたらした可能性を示唆した。すなわち(1)ヒトとマウスのJA1遺伝子の5kbp上流~1.5kbp下流の配列において、ヒトの配列はマウスよりも強い転写活性を示すこと、(2)その違いをもたらす責任領域として、下流側の特にexon #2周辺の配列が重要であること、(3) exon #1からintron #2の最初の約800bpの領域において、ヒトではG-C対が集積しており、大きなCpGアイランドを形成すること、 (4)ヒトJA1転写調節領域でマウスJA1を発現するプラスミドを子宮内電気穿孔法によりマウス胎仔脳に導入すると、脳室下帯において外来JA1が強く発現し、その周囲において神経幹細胞のマーカー(Pax6)を異所性に発現させることが確認された。CpGアイランドは転写因子を多く結合させ、その遺伝子の転写を制御する。そこでさらにCpGアイランド内の配列に注目し、ヒトとマウスで結合モチーフが変化した転写因子を生物情報学的に探索した。その中の一つとしてCT遺伝子が同定された。この転写因子の結合モチーフはマウスではCpGアイランド内に1つだけだが、ヒトでは3カ所見つかった。CT遺伝子のハプロ不全は知的障害を伴う小頭症を発症し、さらに患者血清のRNA-seqによりJA1遺伝子発現の有意な減少が観察されていることから、JA1遺伝子の直接の上流因子としてCTが重要な候補と考えられた。そこで、この遺伝子のノックダウンベクターを子宮内電気穿孔法によりマウス胎仔脳に導入した結果、ヒトJA1転写調節領域の転写活性が低下することがルシフェラーゼ解析により観察された。以上の結果から、CT遺伝子はヒトJA1遺伝子の転写活性を促進させる働きを持つことが示唆された。
During development of mammalian brains, cortical neurons are produced from the ventricular zone (VZ) lining the lateral ventricles or adjacent subventricular zone (SVZ). One of the main factors that enable the human brain enlargement during evolution is thought to be the increase in the number of neural stem cells within the SVZ. In the aim of understanding its molecular mechanisms, we have identified JA1 as a candidate gene in this research project, and suggested the possibility that the elevated expression level of JA1 during the human evolution has led to the increase of neural stem cells in the SVZ. More specifically, (1) human JA1 genomic sequence encompassing upstream 5 kbp and downstream 1.5 kbp from the transcription start site had stronger transcriptional activity than the mouse sequence, (2) the responsible region for the species-specific difference in the transcriptional activity was found in the downstream sequence (from exon #1 to intron #2), (3) in this region, G-C pairs were enriched and formed a large CpG island in human, (4) introduction of a mouse JA1 expression vector under the control of the human JA1 transcription regulatory region using in utero electroporation induced ectopic Pax6-positive cells, a marker for neural stem cells, in the SVZ. Further, we bioinformatically searched for the transcription factors whose predicted binding sites were found in the human CpG island and not in the mouse homologous region. Among them, we identified the CT gene. We found 2 human specific predicted binding sites of the CT. It has been reported that haploinsufficiency of CT results in microcephaly with intellectual disability, and RNA-seq of lymphocytes from patients has revealed the expression of JA1 is significantly reduced. We therefore hypothesized that CT is an important candidate as a direct regulator of the JA1 gene expression. We introduced knockdown vectors against CT using in utero electroporation, and observed that the transcription activity of the human sequence was significantly reduced, suggesting that CT is a positive regulator of JA1.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 14:06:51  
作成日
Feb 16, 2024 14:06:51  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1573) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (665)
3位 Bidet toilet use... (497)
4位 731部隊と細菌戦 ... (469)
5位 新自由主義に抗す... (371)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (970) 1st
2位 インフルエンサー... (461)
3位 石垣島の「エコツ... (423)
4位 Potent mouse mon... (415)
5位 酢酸エステル類の... (398)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース