慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000008-20190364  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000008-20190364.pdf
Type :application/pdf Download
Size :137.4 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 76

Total downloads since Dec 16, 2022 : 76
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 生物活性糖質固定化ダイヤモンド電極による病原体検出センサーの開発  
カナ セイブツ カッセイ トウシツ コテイカ ダイヤモンド デンキョク ニ ヨル ビョウゲンタイ ケンシュツ センサー ノ カイハツ  
ローマ字 Seibutsu kassei tōshitsu koteika daiyamondo denkyoku ni yoru byōgentai kenshutsu sensā no kaihatsu  
別タイトル
名前 Pathogen sensor based on boron-doped diamond (BDD) electrode terminated with biologically active carbohydrates  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 高橋, 大介  
カナ タカハシ, ダイスケ  
ローマ字 Takahashi, Daisuke  
所属 慶應義塾大学理工学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
細胞表層上に存在する糖質は、様々なウイルスや病原菌の感染に深く関与している。例えば、インフルエンザウイルス(IFV)は、宿主細胞上のシアロ糖鎖と相互作用することで感染し、出芽の際には、シアロ糖鎖を加水分解することで感染拡大することが知られている。さらに近年、インフルエンザや新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を含む新興感染症が世界中で猛威を奮っており、環境中の標的ウイルスおよび病原菌を高感度かつ簡便に検出する新規デバイスの開発が強く求められている。そこで本研究(2年計画)の初年度である2019年度は、BDD電極を用いた新規IFVセンサーの開発を目的として研究を行った。
まず、IFV-NAと特異的に反応し、電気化学的に活性なフェノール部位を生成するように設計したO-アリールシアロシド部位とアジド基を連結した糖質1を化学合成した。次に、1のIFV-NAに対する反応性と酵素選択性を、HPLCを用いて定量的に評価した。その結果、1は、数種類の糖加水分解酵素の中でも、IFV-NA特異的かつ濃度および時間依存的に反応し、フェノール誘導体2を生成することを明らかにした。次に、BDD電極上にアセチレン部位を有する基板Aを作製後(山本)、Huisgen反応を用いて1をA上に固定化した基板Bを作製した(松原)。次に、基板Bに対してH1N1型IFVを作用させ、37度で3時間インキュベート後、洗浄し、電気化学測定を行った。その結果、IFVの濃度依存的にフェノールの酸化反応に起因すると考えられる電流を検出できることを見出し、BDD電極上にO-アリールシアロシドを固定化した新規インフルエンザ検出センサーの開発に成功した。現在、さらなる高感度化と検出時間の短縮を検討するとともに、本研究成果に関する原著論文を執筆中である。
Carbohydrates on cell surfaces play crucial roles in viral and pathogenic infections. For instance, while influenza virus (IFV) infection cycle starts with the interaction with sialoside receptors on the host cell surface, when progeny IFV releases from the host cell, influenza virus-neuraminidase (IFV-NA) on the virions cleaves off sialic acid from glycans on the host cell. Recently, emerging infectious diseases including influenza and COVID-19 have been raging all over the world. Therefore, development of the specific and sensitive devices that can detect the target viruses and pathogens is highly desirable. In this context, FY2019, we conducted the research with aim to develop a new IFV sensor based on the BDD electrode terminated O-aryl sialoside.
Initially, O-aryl sialoside 1, which possesses an alkyl azido moiety and can react with IFV-NA to produce corresponding electrochemically active phenol derivative 2, was synthesized. Next, it was confirmed by HPLC analysis that O-aryl sialoside 1 selectively and effectively reacts with target IFV-NA among several glycosidase enzymes to produce 2 in concentration- and time-dependent manner. After preparation of acetylene terminated BDD electrode A (Yamamoto group), O-aryl sialoside 1 was immobilized on electrode A by Huisgen reaction to afford electrode B (Matsubara group). Next, electrochemical detection was examined by incubation of the electrode B with H1N1-IFV for 3 h at 37 oC. As a result, it was found that an oxidation peak corresponding to the phenol moiety produced by hydrolysis with IFV-NA was clearly observed in IFV-NA's concetration-dependent manner. These results suggested that the O-aryl sialoside terminated BDD electrode developed in this study has a potential for IFV sensors. Further progress of this study is underway in the present collaboration.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:54  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:54  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1690) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (433)
3位 石垣島の「エコツ... (406)
4位 新自由主義に抗す... (373)
5位 In-vivo kinemati... (267)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1057) 1st
2位 インフルエンサー... (492)
3位 酢酸エステル類の... (481)
4位 刑法における因果... (420)
5位 興味が引き起こさ... (406)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース