慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190250  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190250.pdf
Type :application/pdf Download
Size :122.4 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 333

Total downloads since Dec 16, 2022 : 333
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 全真教系道教瞑想の宗教学的研究 : 内丹法の中韓米三ヶ国比較  
カナ ゼンシンキョウケイ ドウキョウ メイソウ ノ シュウキョウガクテキ ケンキュウ : ナイタンホウ ノ チュウカンベイ サンカコク ヒカク  
ローマ字 Zenshinkyōkei dōkyō meisō no shūkyōgakuteki kenkyū : naitanhō no Chūkanbei sankakoku hikaku  
別タイトル
名前 A religious study of Quan-zhen jiao Taoist meditation : a comparison of the three countries: China, South Korea and United States of America  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 樫尾, 直樹  
カナ カシオ, ナオキ  
ローマ字 Kashio, Naoki  
所属 慶應義塾大学文学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
現代における道教瞑想は世界的な拡がりを見せている。中でも本研究は特に朝鮮道教の展開を扱う。朝鮮道教の淵源は中国の全真教系道教である。この中国道教を指標としながら、中心的実践の場である韓国、アメリカ合衆国をフィールドとして研究する。ここではそうした比較研究の基礎として、まず「イルチブレインヨーガ」と太極呼吸法とを比較する。その作業を通して韓国における道教内丹法の実践の特質と多様性を明らかにする。
1985年李承憲が国仙道を基礎に丹学仙院という気修練団体を設立し、それがダンワールドへと発展した。90年代以降ダンワールドは「イルチブレインヨーガ」として世界的にその運動を開始した。この運動は現代の霊性運動=文化である新霊性運動の韓国の事例である。この運動に対してはカルト批判もある。しかしその一方で現在、韓国はもとより、アメリカ合衆国のセドナ(霊性文化のセンター)を中心に世界的に展開されており、我が国にも多数の拠点がある。
イルチブレインヨーガの瞑想の特徴は、管見によれば⑴行気や導引の実践によって、気の循環を促進させ、健康を増進させようとする基本エクササイズ、⑵吸気後、息を止めて丹田に気を蓄積する「武息」の呼吸法にある。これに対して、同じ国仙道の影響を受けていると考えられる太極呼吸法は、全真教的な本格的な行功を伴った内丹法である。その特徴は、対照的に、⑴築基、小周天、大周天、脱胎、そしてその先の段階へと至る明確な段階的方法、⑵脱胎後の修練を円滑に実践することを可能にする「文息」(呼吸を止めない)の呼吸法にある。この意味で、前者は、比較的短期間で丹田を活性化させる方法を普及させることによって、気修練の大衆化を目指している。それに対して、後者は、長い時間をかけて丹田を作り、内丹法の修練の最終地点にまで実践者を導こうとしている。この意味で後者は、気修練の伝統の再構築を示している、と言える。
Modern Taoist meditation is spreading worldwide. Among them, this research deals especially with the development of Korean Taoism. The source of Korean Taoism is the Chinese Quan-zhen jiao ( Teaching of Complete Perfection ) Taoism. Using this Chinese Taoism as an index, we will study in the fields of Korea and the United States, which are the places of central practice. Here, as the basis of such a comparative study, first, "Ilchi Brain Yoga" ( IBY ) and "Taichi Breathing Method" ( TBM )are compared. Through that work, we will clarify the characteristics and diversity of the practice of Taoist Internal Alchemy in Korea.
In 1985, Seungheon Lee established a spirit training group called "Dan Hak Seon Won" based on "Kuk Seon Do", which developed into Dahn World. Since the 90s, Dahn World has started its movement worldwide as IBY. This movement is a Korean case of the modern spiritual movement = culture, the New Spirituality Movement. There is also cult criticism of this movement. However, on the other hand, it is currently being deployed worldwide, not only in South Korea but also in Sedona (a center for spiritual culture) in the United States, and there are many bases in Japan.
IBY meditation is characterized by ⑴ basic exercises that promote the circulation of qi ( vital force ) and promote health by practicing circulating the breath and guiding the breath, ⑵ breathing method called "martial breathing" holding breath after inhaling to accumulate energy in cinnaber field. On the other hand, the TBM, which is considered to be influenced by the same "Kuk Seon Do", is the Internal Alchemy, which is accompanied by a Quan-zhen jiao's authentic circulating the breath. Its characteristic, in contrast, is (1) clear stepwise method to reach the stage of construction of the foundations, macro-orbit channels, great-orbit channels, tuo-tai (reborn) and the furhter more, and (2) breathing method called "literary breathing" ( not stoppong breathing ) that enables to practice more easily after tuo-tai (reborn). In this sense, the former aims to popularize Qi practice by disseminating the method of activating cinnaber field in a relatively short period of time. On the other hand, the latter is going to make cinnaber field over a long period of time and guide the practitioner to the final point of the practice of Internal Alchemy. It can be said that the latter shows the reconstruction of the tradition of Qi practice.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:37  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:37  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (549) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (454)
3位 新自由主義に抗す... (369)
4位 石垣島の「エコツ... (269)
5位 ガールクラッシュ... (263)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (765) 1st
2位 酢酸エステル類の... (541)
3位 アルコール発酵の... (499)
4位 インフルエンサー... (487)
5位 アーカイヴと思考... (412)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース