慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190127  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190127.pdf
Type :application/pdf Download
Size :121.3 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 178

Total downloads since Dec 16, 2022 : 178
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ハンドボール日本代表チームの東京オリパラを通過点としたキャリアプログラムの開発  
カナ ハンドボール ニホン ダイヒョウ チーム ノ トウキョウ オリパラ オ ツウカテン トシタ キャリア プログラム ノ カイハツ  
ローマ字 Handobōru Nihon daihyō chīmu no Tōkyō oripara o tsūkaten toshita kyaria puroguramu no kaihatsu  
別タイトル
名前 Program development of career formation for the Japanese national handball team : regarding Tokyo Olympics and Paralympics as the one of the step stones for further leap  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 東海林, 祐子  
カナ トウカイリン, ユウコ  
ローマ字 Tokairin, Yuko  
所属 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究の目的は日本トップリーグに所属する女性アスリートの出産後の競技復帰支援モデルの確立である。2020東京オリパラでスポーツへの関心が期待されるなか、特に女性アスリートのキャリア支援は今後重要な課題となる。
 研究は国立スポーツ科学センター(以下、JISS)の女性アスリート支援プログラムを地域で展開するしくみについて検討している。JISSでは出産後の定期診断、心理、栄養、リハビリなどスムーズな競技復帰を目指した支援が実施されている。しかし、物理的に通うことが困難なアスリートは対象にならず、ごく少数のアスリートしか対象になりえないことから汎用性の低い事業と言える。そこで本研究ではJISSと連携し三重県鈴鹿市のハンドボールクラブの女性アスリートを対象とし、次の2つの観点で設計、JISS以外の地域において競技復帰をスムーズにするような取り組みを行った。
1)女性アスリートの心理支援(競技復帰の過程での様々な悩みをインタビュー)
2)出産から競技復帰の女性アスリートをクラブ全体で支援するためコーチングスタッフやチームメイトのライフスキルを高めるプログラムを実施しその変容を計測(2018年・2019年で計測)。
その結果、次の2点が示唆された。
(1)女性アスリートは子育てに関する行政のサービスを最大限に活用しながら競技復帰を果たした。これまで行政や社会そのものにつながる機会はほとんどなく、心理的不安から子育てのための行政サービスを活用するのは予想以上に時間を要した。
(2)女性アスリートの子育てと競技の両立は、時間の効率化や目標設定の具現化などライフスキルが高まる傾向が見られた。さらにチームメイトにとっては今後のキャリアを意識するうえで良い機会となった。クラブ全体のライフスキルの獲得レベルが有意に向上し、4年連続で全体のトップ4に入りプレイオフ進出を決めるなどチーム全体のライフスキルと競技力が向上した。

・https://www.jpnsport.go.jp/jiss/tabid/1245/Default.aspx
・https://news.yahoo.co.jp/feature/1515 (2019年12月9日配信)
The purpose of this study is to establish the return-to-play-support-model after childbirth for the female athletes who belong to Japanese top League. While the growing interests in sports is expected due to the holding of 2020 Olympics and Paralympics, career supports for female athletes should be one of the particularly crucial issues from now on.
With this in mind, we tried to examine the systems which enable the female athletes to apply the support program such like Japan Institute of Sports Science (Hereinafter referred to JISS) had developed at the regional level. 
Cooperation with JISS, we conducted the study to design the system to provide smooth return for the female players who are based in the local area other than the one JISS exists. The objects of this study were the members of the handball club in Suzuka City. The research was examined from the following two perspectives.
 1)Mental supports for female athletes 
 2)To execute the life skill program to the team so that the player could be supported by the whole members after her giving birth and measure their changes of awareness over two years.

As a result, we attained two implications as follows.
(1) The female athlete succeeded in making come back by utilizing the administrative service to the maximum. However, it took much more time than she had imagined because of the psychological anxiety about use of the service for raising children.
(2) Balancing of childcare and sport had the life skill abilities of the said player improve. (such as Efficient time management and Realization of goalsetting) Moreover, it was the good opportunity for her team mates to be conscious about their own future career plans, and their level of life skills increased significantly .Eventually, their level of life skills and the competition abilities were elevated as one team and they reached the finals as the top four in the league for four consecutive years.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:21  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:21  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 出生率及び教育投... (775) 1st
2位 『うつほ物語』俊... (474)
3位 新自由主義に抗す... (384)
4位 731部隊と細菌戦 ... (356)
5位 二〇二三年度三田... (269)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2455) 1st
2位 家族主義と個人主... (1905)
3位 731部隊と細菌戦 ... (574)
4位 猫オルガンとはな... (510)
5位 新参ファンと古参... (438)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース