慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000005-20180291  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000005-20180291.pdf
Type :application/pdf Download
Size :113.4 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 62

Total downloads since Oct 24, 2022 : 62
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 法人税改革の国際的波及効果に関する分析  
カナ ホウジンゼイ カイカク ノ コクサイテキ ハキュウ コウカ ニ カンスル ブンセキ  
ローマ字 Hōjinzei kaikaku no kokusaiteki hakyū kōka ni kansuru bunseki  
別タイトル
名前 Analysis on international economic effects of corporation tax reform  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 土居, 丈朗  
カナ ドイ, タケロウ  
ローマ字 Doi, Takero  
所属 慶應義塾大学経済学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
閉鎖経済の動学的一般均衡モデルを基に日本の法人税改革における法人課税の帰着を分析した研究を土台に、開放経済(2国モデル)への拡張を試みた。
土台とする研究では、設備投資の調整費用や、企業の資本構成が扱えるよう負債のエージェンシー・コスト(負債資本比率が上昇するにつれて増加)を導入した。定量的分析は、先行研究に倣い、動学的一般均衡モデルに基づくシミュレーション分析を行う。
わが国の法人課税は、国税である法人税と地方税である法人住民税と事業税所得割は法人所得課税だけでなく、それ以外の課税もある。それは、いわゆる外形標準課税と呼ばれるもので、地方税である事業税の付加価値割と資本割がある。わが国の法人課税を踏まえると、法人所得課税だけでなく、外形標準課税も扱える理論モデルが必要である。本年度の研究では、こうした日本の法人課税の特徴を取り入れられる理論モデルを構築することができた。
分析の焦点の1つは、法人税改革により生じる租税負担の変化分が労働所得に帰着する割合である。この割合は、生産関数や設備投資の調整費用関数や負債のエージェンシー・コスト関数におけるパラメータに依存することを確認した。
加えて、先行研究では閉鎖経済の動学的一般均衡モデルであったことから、国際間の法人税改革の効果を分析できないため、本研究では開放経済モデルに拡張し理論的枠組みを構築することを試みた。
In this academic year, we have tried to investigate the incidence of corporate tax after the Japanese corporate tax reform based on a dynamic general equilibrium model of the closed economy and to expand it to an open economy (two-country) model.
Previous studies which we refer have been introduced an adjustment cost of investment and an agency cost on debt, which increases as debt-equity ratio increases. Based on them, we conduct a simulation analysis using a dynamic general equilibrium model.
In Japan, there are three corporate tax items; Corporate Tax as a national tax, Inhabitant Tax on Corporations and Enterprise Tax as local taxes. Enterprise Tax consists of three components; income, value-added and capital components. Corporate Tax, Inhabitant Tax on Corporations, and income component of Enterprise Tax are categorized as corporate income taxation. Value-added and capital components of Enterprise Tax are not corporate income taxation. They are categorized as size-based business taxation or "pro-forma" taxation. Hence, we need to include not only corporate income taxation but size-based business taxation in a dynamic macroeconomic model. In this academic year, we establish a theoretical model including size-based business taxation.
One focus of the analysis is tax incidence after corporate tax reform. We found that it depends on the parameters of production function, ones of adjustment cost of investment and agency cost on debt.
In addition, we have tried to establish a dynamic general equilibrium model in open economy with corporate finance.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:38:17  
作成日
Oct 24, 2022 13:38:17  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (488) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (419)
3位 慶應義塾図書館史... (414)
4位 認知文法から考え... (395)
5位 M&Aにおける... (383)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (393) 1st
2位 新参ファンと古参... (321)
3位 日本における美容... (303)
4位 興味が引き起こさ... (252)
5位 新自由主義に抗す... (250)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース